星優太ブログ

WOZNIAK ミニマル計画 yuta.hoshi.mail@gmail.com

ミニマル計画7 CD・レコード

最近圧倒的にミニマル計画が進行中でして生きてて超楽しいです。PC作業の時間が相当増えたんですけど、ゆえに瞬間瞬間に色んなことが起き過ぎてシリーズものの更新を怠ってました。

このカテゴリのブログ初訪の方はこちら↑をチラ見してみてくださいね。この辺の活動、最近めちゃ楽しくて、いよいよ何も持ってないんですけど!くらいに私、近づいて来ました。どんどん書いて今に追いつきます!

手持ちのモノたちとの付き合い方をどうやってミニマルにしてくかっていう流れの最終章で、今回は音源 (CDなど)。このブログを読んでくださってる方々は同じような気持ち境遇の方多そうですね。今まで

本漫画雑誌 音源 服 楽器

という感じをカテゴリごとにまとめってったんですね。その最後。いきます。

--------------------------------------------------

まず、今回のテーマである音源のミニマル化はキツかったっす!!!精神的に!

--------------------------------------------------

音源から解き放たれるって、物質としては余裕かつシンプルです。CDを捨てて、今後はデータに完全移行するだけですからね。まして昨今、CDの時代が終わってデータに移行してますから。私は「よく知らない」というだけでサブスクリプション全体を否定してましたが、ちゃんと接したらなんてことはないただの最高で、あっという間に導入・活用するようになり、CDから離れる度合いは加速し続けてます。ひと昔前までは、音源=CDでしたよね。だから気になるアーティストがいたらCDを買うか借りるかして聴くってのが当たり前でしたけど、iTunesYouTubeなど、色んなサービスにより少しずつ世界が変わっていきましたね。

--------------------------------------------------

そんな背景もありつつ、私は2017年の年始 (ミニマル計画発足当時) で数百枚はCDやレコードを持ってたと思います。さすがに職業がミュージシャンなもんでそれくらいにはなっちゃうっすね。音源も、基本的な考え方は他のものと接する時と同じです。人生単位で思い入れがあるか否か。前後一ヶ月で必要か。所有するかどうかの判断基準のほとんどはこれです。そうなると、音源って突き詰めるとほとんど当てはまらないんですよね。だって音楽は娯楽です (キッパリ) なもんで、究極全部捨ててOK。ですが人生単位で思い入れがあるか。これが重要っすよね。ものに対しての基本的なスタンスは他のカテゴリと完全に同じなので、もはや細かい経緯を書いても繰り返しになるので省きますが、要するにそういうことなんですよね。なので、序盤は結構どんどんミニマル化がはかどりました。

--------------------------------------------------

まず、部屋にあったけど完全に景色と化していた懐かしの作品たちを自動操縦で捨てました。昔々に買ったCDやいただきもの、あとはCD-Rに焼いた色んな作品、自分のバンドのライブ音源などなど。もうね、この中に名盤や捨てて後悔するようなものがあったとしても別にいいです。だって部屋の端っこにあったまま何年も過ごしたんだもん。その時点で今の自分にとっては何の価値もありません。今っていうのが大事です。例えばそれらの作品群をCD1枚ずつメルカリに出品してたら、結構な値段で売れたのがあったかもしれません。そうするのも一つの手だしいいと思います。が私はしませんでした。だってずっと触れもしないくらいの存在だったから。理由は個人的ですが、それで私はいいです。そこまで細やかに (というかケチくさく) 生きなくていいかなと。またこの考え方は数多いるミニマリストたちにとっても常識で、使ってないものを保管するために家賃を払うのか?と揶揄されます。例えば全く動かさないけど捨てもしないものが1畳分あったとしたら、1畳狭くて家賃の安い部屋に住めるよねっていうことです。超正論。

-------------------------------------------------

これで数百枚はなくなりました。けどそれは少なくとも音楽を主軸に生き始める前からあったものなので、どうってことないです。ここから手元に残ってるのは認識してるし好きだしちょっと関係もあるっちゃああるアーティストのCDがかなり多くなります。さてここからです。

--------------------------------------------------

なんせ自分もアーティストとして音楽活動してるもんで、同業者がたくさんいます。その方々ほぼ全員、自身の曲を収録した音源を持ってます。アーティストにとって音源って、名刺代わりなんですよね。なので新しい人に出会った時って、それを渡して聴いてもらえれば、今の自分をほぼ全て理解してもらえます。そんな背景があるので、知り合ったアーティストの音源つーのは、むげに扱えないもんです。なので私に音源をくださった方がこのブログを読んでないといいなあとか思ったりしてます。笑

ここから先の判断基準っていうのは本当個人個人になるとは思うんですけど、私の場合は

・一生持っていたい

・超大事な仲間の作品

サブスクリプションでめちゃめちゃたくさん聴いた

・人に貸したい

この辺が、私がCDを持ち続けるor買うか、の判断基準でした。これに当てはまらないものは全部処分しました。Apple MusicやSpotifyなど、そういったサービスに登録されてる作品ならネット上で聴けますけど、なんというか所有する以上、そういう利便性以上の意義を求めてしまいました音源の場合は。今この状況からして、サブスクにアップされる音楽が今より減ることってありえないと思います。きっと数年後には音楽そのものが無料になるだろうしそれでいいと思ってます。それでも音源を所有する意味って、要するにそのアーティストを応援したいかどうかってことだと思います。去年、自分のバンドで中国ツアーをした時現地のプロモーターに、中国の人はほぼ全員家にCDプレイヤーがないけど、アーティストを応援する意思表示やグッズとしてCDを買うんだって聞いたんですけど、まさにそういうことですよね。私がCDを所有・買う理由として挙げた条件と全く同じです。

--------------------------------------------------

・一生持っていたい

墓場持ち込み系アイテムです。9dwのSelf Titleなどですね。この前車で聴こうとしたら盤面傷なのか車との相性なのか、聴けませんでした。それでも関係ありません。

・超大事な仲間の作品

例えばTempalayのFrom Japan 2、tricotの3、などです。

サブスクリプションでめちゃめちゃたくさん聴いた

サブスクで聴きまくってるのに、買うの?て感じですけど、なんとなく私はそうしたいんですよね。やっぱり音楽を聴くために買ってませんね。還元したいっすありがとうございます最高な作品っすみたいな気持ちです。PAELLASのYours、Spangle Call Lilli LineのPurple、などです。

・人に貸したい

岡村靖幸のDATEなどです。これもサブスクで死ぬほど聴きました。あと岡村ちゃんは去年知ってその衝撃が強過ぎてTwitterで #岡村靖幸を今更知った人間の記録 というタグで日々の衝撃を記録してそのタグを頼りにブログ書こうと思ってたんですけど、そのタグがバズっちゃって色んな人の書き込みが溢れ過ぎて断念しました。意外と聴いたことないって友人のアーティストもいたもんで、ほれ!これ!って気持ちで渡せるなと思って書いました。手にした瞬間友人に貸したので、やっぱりこれも買ったのにCDで聴いてませんわ。

--------------------------------------------------

音源

無人島に持ってく系名盤

YouTubeApple Musicでマジお世話になりましたんで現物買いました系作品

マジ仲間がくれた作品

合計100弱

 と、私このミニマル計画をブログに書き時始めた時、所有してる音源はこんな数だと書きましたが、現状20枚くらいです。今まで色んなタイミングで色んなアーティストにCDをいただきましたが、それがどうなったかは一応文字にはしないでおきます。 (深いお辞儀) 

--------------------------------------------------

まず、洋楽はほぼ0です。メンバーと個人的に繋がってないからです。内訳はさっき書いた通りで、人生単位で影響を受けた作品ではあるけど、それでしかないというか。ちょっと伝えづらいニュアンスですけど。はっきり言って音楽を聴くために持っていたいって意味でCDを持ってません。なんせ今の私、CDもレコードも再生する機材を持ってません。CDやレコードを発表して売ってる人間としてこれ書いていいのか?ってレベルかもですけど、いいです。きっとみんなそうですし、世界はそうなります。AppleがPCにディスクドライブを付けなくなったから、時代はそうなるんです。私個人より10000000倍優れてるマーケティングによって世界の流れは決まります。アクセサリーというとちょっと違うかもしれませんが、そのアーティストを応援したいっていう意思表示ですね。今この時代にCDを買う理由って。これは確定だと思います。

振り返ったら今年買ったCDはこの1枚だけでした。今書いてて思い出したんですけど、最後の方まで絞って残ってたCDのうち100枚弱は、永遠に貸したみたいなテンションで親しい友人に全部渡しました。その音楽を知って欲しいという気持ちはありますし、何と言っても「今の自分が持ってる必要はない」というだけですし。ちなみにいただいたCDなどは、チェックして、良いと感じたらSNSでその旨を書いて、CDそのものは「このCDがあのアーティストの手に渡ったら、私にこれをくれたあの人、喜ぶだろうなあ」というアーティストの友人に渡してます。こっそりプロモーションっす。自宅で眠らせとくよりよっぽどいいかなと。

--------------------------------------------------

おし!いったん以上!

ということで!所有してるものをどういう気持ちでミニマル化してったか、カテゴリごとに書き切りました。これで2017年の秋冬くらいの精神状態までは公開出来たと思います。そしてここからはかなりいきます。今これを書いてるのが2018年7月上旬ですが、いったん私のミニマル計画は完成しまして、その先が進行中です早く追いつきたいです。