ほしブログ

WOZNIAK / DALLJUB STEP CLUB / OUTATBERO / yuta.hoshi.mail@gmail.com

ミニマル計画11 寝る環境3

ミニマル計画は生活全体の色々なテーマについて書くつもりなんですけど、やっぱり部屋とか寝る環境って重要というか考えることが多くてめちゃめちゃ綴ってしまってますね。部屋って必要なのか?と考えたところから数えると4記事目ですね。今回で最後かな。

まずはコチラ↓

私は都内に住んでたんですけど、今年2018年始まって速攻、色んなタイミングが重なってそこを出ることになるんですね。1/10頃に2月中旬で部屋の契約が終了すると決まって、ここでの生活はラスト1ヶ月かーいきなりだなぁってぼんやり思った記憶があります。

それで、このタイミングで私、次の部屋を探そうっていう発想が全く出て来なかったんです。明確な理由はなくて、いや理由がないっていうか、部屋なんて要らないとしか思わないというのが正確なニュアンスです。

そしてコチラ↓

例えば渋谷で予定が終わって、翌日も渋谷で予定があったとして。家があったら当然、そこに帰ろうとするはずですよね。けど、現地で寝ると「そこまで帰る時間とお金・からの翌日渋谷にまた行く時間とお金」これがなくなります。これって相当凄いことだと思えました。戻るっていう選択肢を消すっていう発想です。現地で今日を終えて、翌日も現地からスタートっていう。

で、コチラ↓

なのでそんな日々を過ごした結果、部屋はあった方がいいということがわかりました (爆笑) 

けど、部屋というか、寝る場所、倉庫、駐輪場です。もっと言うと、寝る場所は今まで通りネットカフェを軸としたその日その日スタイルでも問題ないかもしれません。けど、倉庫と駐輪場だけの物件なんてないので (当たり前) 必然的に部屋ってことになるんでしょうかね。極論、2畳ほどの空間と駐輪場があれば充分です。そして5月の終わり頃、突然それをゲットしてしまいました!この続きはすぐ書きます!

あらすじはこんなところです。

まず、結局のところ部屋はあるんかい!と全員に突っ込まれそうな展開ですよね。私もそう思いますもん。そしてここで部屋をゲットするのが私の運の良さ。現実的な展開で良かったと思います。

シティ家なき子生活を終えた2018年6月上旬からは、私が普段よく過ごしてるほとんどのエリアに自転車で15分前後で行けるところで倉庫的な賃貸物件を契約しまして、そこで寝てます。

ところで今私、いつもここに帰る軸みたいな部屋を持たないことを選択してるんですけど、渋谷の奥にレンタル倉庫は契約してて。ちょうど知り合いがその倉庫の会社気になるんだけどどう?て聞かれて質疑応答してるうちに、つーかボロ部屋を倉庫として契約しようかとも考えてると告げられて、じゃあそこをシェアしませんか?おれはそこでついでに寝れるだろうし、と伝え苦笑いされたところです。

と書いてますね私。こういう時に日記って凄いと感じます。私のブログやSNSをチェックしてくださってる方 (深いお辞儀) はこのミニマル計画シリーズを読んでるうちに色んな点が繋がってくると思いますよ。話が逸れました。日記にも書いた通り、その友人は私とは違う用途で空間を必要としてたようなので、双方に良さがあるねってことで、こういう生活が始まったというわけです。なんという展開!と自分でも思います。私は運がいいです。そして人に恵まれてます。それだけが取り柄っす (キッパリ)

この空間に寝に帰るのは私だけなので、基本的に1人で過ごせます。けどそもそも倉庫的利用を目的としてるので、生活はできません、というかする気がありません (他の住人の方は普通に生活してるっぽいし全然暮らせる系物件です) なのでガスを契約してませんし、家具も家電も全くありません。必要ないです。電気はどうするか?と聞かれてちょっと迷ったんですけど、充電と空調 (まさかのエアコン完備!) のために契約することにしました。こんな感じで前回書いた通り、倉庫と睡眠と駐輪場が1箇所にまとまっただけという状態です。おかげで光熱費はほぼゼロです。

結局のところ、私は自分だけの空間を必要としてません。これは強がりなどでは本当になくて、ここまで書いてきたような経験から自分で導いた結論です。もし私がそこそこお金持ちだったとしても、余裕でこの暮らしを選ぶと思います。何度でも書きますけど、私がこういうスタイルで動いてるのは節約・守り・逃げなどではなく、攻めの姿勢です。私にとってのミニマリズムは攻めです。攻めまくるために余計な要素を完全に排除するっていう。身軽でいることが最強だと思ってます。

これまで、ルームシェアや共同生活 (転がり込む・同居のようなもの) もしたことがありますが、どうも性に合わないなあというぼんやりとした感覚や記憶が残ってます。誰かと一緒に生活するとどうしても気を使ってしまうし、自分の時間を過ごしづらいです。今は私、寝てる以外の全ての時間、外にいます。食事も作業も何もかも外なので色んな人と同じ空間にいることはいます。けど、みんな他人のことを気にしてませんし私も気にしてません。とても自由を感じてます。人が密集してる街の中にいながら独立してる感覚があります。そして街にいると色んなタイミングで色んな人に会えて、結果相当楽しいです。

と、こんな感じで寝る環境について相当詳しく書きました。このスタイルが直接的に参考になったという方は実際ほとんどいないと思いますけど、何かのきっかけになってたら嬉しいです。

あ、ここまで書いてて肝心なことを書き忘れてました。寝る環境の一番具体的な要素である寝具についてです。

通称ミニマリストと呼ばれる方々のほとんどが話題にしてるアイリスオーヤマのエアリーマットレス。これを私も使ってます。

これですね。過去に他のマットレスを使ったことがあって、その時の3倍くらいの値段でしたが超納得の買い物でした。まず寝心地が良いです。マットレスの上に布団を敷く必要はなく、これだけで充分です。丸洗いできます。弾力性のあるチューブ状の繊維で出来てて立てかけられるので本当に場所を取りません。5kgくらいなんですけど三つ折りすると持ちやすいので軽々動かせます。私は部屋で何かをするということがないのでこれはほぼしてませんけど、三つ折り状態で座ればソファー的な使い方もできます。使って1年半くらい経ちますけどヘタって来てる様子ゼロですね。総じて相当最高です。興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。これについての記事は超たくさんありますよ! 

このマットレスにヨガマットを敷いてる時もあります。

以前ヨガに興味があった時に購入しました。ストレッチやヨガをやる際に良いですね。現状それらはジムでできるんですけど、ツルツルして気持ち良いですし、ちょっとだけラバー感があってクッションになってるのがマットレス単体より良い気がして、今でも使ってます。掛け布団は今夏でそもそも必要ないんですがIKEAで買った薄めのがあるにはあります。枕はタオルをまとめた状態で首に差し込んでます。

それと、エフェクター的にコチラも↓

こいつぁ最高っす!うわああぁぁ気持ちいいいぃぃ癒えるうううぅぅzzzzZZZって感じで、即眠りに入れますよ。目が疲れてる時によく使います。 

よし!もうこれ以上、寝る環境について書くことはないだろう!おっしゃ!次はなんだ!