ほしブログ

WOZNIAK / DALLJUB STEP CLUB / OUTATBERO / yuta.hoshi.mail@gmail.com

2019/10 最近気になってる

サカナクションの新譜

アルバムの発表は6年ぶりみたいだけど、その間に曲は発表し続けてるし全然そんな感じがしませんし、様々なことを仕掛け続けてるのが本当に凄いバンドだと思います。説得力が半端じゃあない。

個人的にはSpotify的には後半 (アルバム単位だと2枚目?) のユリイカからのナイロンの糸の流れが神懸かって好きで、この2曲を永遠に聴き続けてます。

 こういう病気にもかかってしまいました。 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

machìna

以前なにかをディグってた時にモジュラーシンセを使う女性アーティストがいるっていう感じで勧められて知った気がしますが、最近ちゃんと認識しました。どういうアーティストなのか全然知らないんだけど、

この作品に収録されてる"Reboot"という曲が最高にカッコよくて、一発で興味津々です。この感じ本当に好きなんです。

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

DJ MIX的なものを作りたい

こういう超クールな仕上がりになるかはさておき!

--------------------------------------------------

- 前置き -

私はテクノや電子音楽が大好きで、WOZNIAK新章はそれがちゃんと伝わるような曲も混ぜ込んで作品としてリリースしてく予定です。

その辺の思考ついてはこのブログで書きました。

昔はテクノはテクノ、バンドはバンド、で共存させるものじゃあないって考えでしたし、基本的には今もそっちよりです。が、ことWOZNIAKにおいてはちょっともう別で。WOZNIAKというか私のソロ、私がイケてると思う曲を作って、それが生楽器を使った方がより表現できる曲ならバンドサウンドだし、電子楽器のがかませそうなら打ち込みで作ります。

ちょっとややこしいとは思います。例えば完全にテクノ目当てのひとが超テクノサウンドなWOZNIAKの曲を聴いてくれてヤバい!と感じてくれたとして、他の曲を聴いたら歌があったりエレキギターがあったりするんですから。

でも一貫した音楽性はあるし (明らかにそこから逸脱するような曲はまた別の何かで発表します) 今はデジタル主流ゆえ曲単位で音楽を聴いてもらえるから。曲Aはバンドサウンド好きに気に入られてて曲Cは聴いたこともない、曲Cはガチガチのテクノ勢が好んでて曲Aは聴いたこともない、で、ある瞬間にそこが繋がってこれ同じひとの音楽かい!WOZNIAKって同じ名前の別のひとだと思ってたわ!てなるとか超最高だと思います、今は。

 - 話を戻します - 

で、それがなぜMIXを作りたいに繋がるのかっていうと、クラブ界隈方々にちゃんとそっち系の音楽が好きな人間が作ってるんだってのを知ってもらったうえで、WOZNIAKの曲を聴いてもらいたいっていう願いがあるんです。そうするとだいぶWOZNIAKの聴かれ方とか、知られる層が変わってく予感がしてます。

今って誰でも打ち込みで曲を作れるし、4つ打ちって言葉が市民権を持ち過ぎて、なんでもダンスミュージックみたいに出せがちなので。

近年の4人編成になったWOZNIAKを観てくれたテクノ界隈の方ってほぼ全員、興奮して話しかけてくれるんですね。ガチガチミニマルテクノじゃん!つって。そういう方にはちゃんと届いてるんだなあっていつも嬉しくなるんだけど。

ポストロック・マスロック畑から出てきたことも作用して、WOZNIAKは今でもそういう枠のアーティストって認識されてると思うんです。マスロックも大好きだし、要素としては否定はしませんけど。

なので、ちゃんとしたミックスを作るのって、アティチュードとして一撃で伝わるし、結構いいんじゃあないかなあ

って、MOP of HEADのちーきくに提案されてガチでそのアイデアをいただくことにしました (キッパリ) 

ちーきくが言うことっていつも超的確なので。なぁるほぉど!!って感動しました。それをもうちょっと考えて、今の文章に至る感じです。

しかもそういうものがあったら、ダンスミュージックに興味のあるバンドリスナーへの導線にもなれるかなってのも考えてます。打ち込みとバンドって何でこんなに隔たりがあるんでしょうね。どっちもヤバイものはヤバイし、前向きに長期的になんとかしていきたいです。その辺本当、サカナクションは凄いですよね。活動を通してリスナーの耳をどんどん広げて研ぎ澄ませてるような印象を受けます。大尊敬です。

ミックスが完成した時にこの文章を一緒に出すと、ちょっと文章がノイズになっちゃう気がするので、今のうちに予告って感じで文章だけ残しときますね。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Little Simzはミニマリストらしい

セビィこと世武裕子さんから突然この記事が回ってきました。 

いや @ だけってどんだけクールなんだいセビィ。最高。

彼女が持ってるヴァセリンは超万能で、ポケットタイプを携帯してるって記事&写真があるけど。私も全く同じスタイルの時があったんだけど、あれじゃあデカいなと感じて、今は同じメーカーのヴァセリンを直径3cmくらいの丸いケースに入れて持ち歩いてます。なんだか仲良くなれそうだから音楽もっとかまします。

私的ミニマリズムについてはnoteでじっくり書いてこうと思ってるのでチェックぜひ末長く。

今までの濃密な記録はこっちをぜひ。

人となりを知ってから聴くとよく感じる音楽ってありますよね。

ああカッコいい。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

佐々木典士さん

 

私はミニマリズムに感化されて人生を改めた時、たくさんのブロガーや著者の書いた文章を読み、影響を受けたり受けなかったりしたんだけど、この方が一番うおおおおって思うことが多くて。佐々木さんがやってるブログサイト?のようなもの、たまに読むんだけどすっごくリアルでいいです。 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

この本、オススメです。いつかお会いしてみたいひとです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Velladonさん

この前WOZNIAKで共演したライブがソロ初ライブだったみたいです。めちゃめちゃカッコいいです。もう、すごかったです。 

活動スタンスなど含めて超気になってしまいましたので、引き続き追跡したいと思ってます。ハンターハンターがお好きみたいなので、俄然シクヨロしたい気持ちです。

VampilliaやVMO周りの方々が超気になる」と、ずっと前から私のゴーストが囁き続けてました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////