星優太ブログ

WOZNIAK ミニマル計画 yuta.hoshi.mail@gmail.com

ミニマル計画14 改めて目的

ここ数ヶ月、ミニマル計画についてはnoteというブログサービスに書いてました。しかし様々な理由でこっちのブログに再統合しますので、これまでnoteに書いて、こっちの過去13回で書いた内容と被らないものは移行します。

noteが魅力的なサービスであることは間違いないんだけど、私にははてなブログのスタイルが合ってるなあと。文字サイズや色の変更が感覚的だったり、リンクの貼り方がいい感じだったり、はてなブログは何かと機動力が高いんですね。

そして何より管理するモノ自体を減らしたいっていうのが目的ですね。「明確な理由があって要素を増やして、それで過ごしてみて、納得したうえで、またまとめる」っていう私のミニマリズムそのものって感じの行動になっちゃいました。では!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ミニマル計画その目的です。結構重要な回になっちゃうかもしれませんけど、気楽に書きますね。早速!

1. 身軽でいたい
2. 攻めの姿勢を続けたい
3. やりたいことを超やりたい
これが私のアナザースカいやミニマル計画その目的です。色々と考えましたけど、要するにそれかなあって。

よく考えたらこれってミニマリズムのっていうより、今の私の人生のスローガンって感じでしょうか。軸になる思いはこの3つに集約できます。

それを満喫するためにネガティヴな要素を完全に排除したいっていう気持ちです。

 

攻めの姿勢を続けたいためにどうするか、具体的な行動を考えるとして、"攻めるためのアイデアを足していく"というより、"守らなくても大丈夫な状況を作る"ということに重きを置いています。

例えば、

・窓や扉のない4面の壁で作られた広い空間で1対1
・用意されたあらゆるアイテムの使用はOK
・相手の背中を触ったら勝ち、触られたら負け

っていうルールのゲームをしていたとして。

「いやそのゲームなに?」って質問は、いったん胸にしまってください (深いお辞儀)

アイテムを使って武装したり背中を隠す、などのアクションは上で書いた

"攻めるためのアイデアを足していく"

です。私がやってることはこっちではなくて。

まず壁に背中をつける&死角をなくす、みたいな

"守らなくても大丈夫な状況を作る"

という感じのことに注目してる感じです。最初に書いた3つの柱全て、そういう視点で考えています。考えること自体を減らしていくイメージです。

戦略は色々あるとは思いますけど、右手で攻撃をしながら左手で防御するより、両手で攻撃した方が強いですもんね。背中は壁に密着してるから、何も考えず普通に立ってるだけで触られることはない。

身軽でいたい

そのために、物質的なものも精神的なものも、できる限り軽くしたいです。手ぶらで外出した時のワクワク感ったらないですよね。タスクが何もない夜って最高ですよね。その感じです。

攻めの姿勢を続けたい

そのために、守備感・後退感のある要素を排除したいです。ガンガンいってる時って楽しいですもんね。

やりたいことを超やりたい
そのために、やりたくないことを徹底的に排除したいです。それは当たり前として、どっちでもいいことも排除します。ここが重要かつ難しいところです。

という感じで、「いやそのゲームなに?」って感想しか残らない記事になってしまいましたけど

f:id:hoshinominimal:20191026224419j:image

なんとなくふんわり、私が何を狙ってるのかが伝わったら嬉しいです。