星優太ブログ

WOZNIAK ミニマル計画 yuta.hoshi.mail@gmail.com

ミニマル計画26 カフェ暮らしにさよなら、そして集中へ

↓この音楽を聴きながらブログを読んだあなたには幸せが訪れます (当社比)

music.apple.com

open.spotify.com

↑この音楽を聴きながらブログを読んだあなたには幸せが訪れます (当社比)

f:id:hoshinominimal:20200530095946p:plain

このシリーズ "ミニマル計画" ではここ数回、集中について書いています。

↑22ではきっかけ、集中という概念を知ります。

↑23では仕事に向かう環境について、学生時代から振り返りました。

↑24では集中に目覚めた2020年秋時点での私のデスクワーク環境を全て書き出しました。ビフォー的な感じですね。

↑25では24で書いた内容全部を本気で振り返り。私の集中を邪魔していた要素がよくわかりました。

その結果、そもそも日常的にカフェにいることそれ自体が根本的に間違っていることに気づきした。

でもカフェじゃないと仕事ができない!なんて〜、言わないよぜえたい〜 (槇) 

 

フリーWi-Fiを求めてカフェに行っている

勉強作業仕事をする場所はカフェなんだという固定観念

 

この2つの価値観をアップデートすれば、私は集中力を手に入れられると確信しました。今回26はその変化について書いていきます。

↑22で「暮らしを一変させた概念とアイテム、それぞれ1つずつ決定的なものがある」と書きました。

概念は集中ですね。アイテムはポケットWi-Fiです。

フリーWi-Fiを求めてカフェに行っているとはいえ、どこのカフェでもWi-FIが使えるというわけでもなく、使えてもログインが面倒だったり接続が不安定だったり。

費用も馬鹿になりません。1回あたりは数百円ですし、人としてコーヒーくらい飲みますし。ましてや私の部屋にはキッチンも水もありませんし (詳しくはまた今度) 

でもそれが毎日、毎日どころか出発から最初の予定まで、あらゆる予定と予定の間、最後の予定から帰宅までとなると、相当な額になります。

薄々そんな気はしていましたが、計算するのが怖かったです。キャッシュレス&オートチャージって、本当に無限の可能性を感じますよね (こちらの予算は完全に有限ですが) 

↑いつもカフェで作業をすることの何が問題だったのかは前回めちゃくちゃ書きました。 

 

マイWi-Fiの導入を検討し始めて、まずは費用イメージを調べました。外に持ち出せた方が良いのでいわゆるポケットWi-Fiで考えると、どの会社のどの機種をどうやって契約しても、月額ざっと4-6000円。

へぇ、昨日と今日の2日間でカフェに9回くらい行ったけどなああ汗汗汗

みたいな。費用面でもプラスになることはものの数分で確定し、速攻で契約しました。

私が契約したのはUQ WiMAXのW06という機種です。あらゆる比較サイトで優勝していましたのでほぼ一択でした。 

もちろんネックだったのはお金だけではなくて、そもそもモノを持ちたくないとか、所持品が増えるとあらゆる考え事が増えるので、それを避けたかった、というような気持ちもあります。そっちの方が強いかもしれません。

なので勉強作業仕事をする場所はカフェなんだという固定観念を覆せたことの方が私にとっては大きい収穫です。

「家には誘惑がいっぱいあるから」ってよく言いますよね。いや外の方が圧倒的に多いだろって、今なら胸を張って言えます。外だろうが家だろうが、要するに自分がどうするかってことでしかありませんしね。

Wi-Fiを持つことで生まれる考え事より、カフェで仕事をすることで生まれる考え事の方がよっぽど多かったです。そうです。

ひとりぼっちで感じる孤独よりふたりでいても感じる孤独のほうが辛い事のように。

うっかりSURREAL感が出てしまいましたが、本当そうなんですよね。

なので、Wi-Fiを手に入れた私は次なるポイント外的要因で集中が乱されない場所を求めるようになりました。カフェにいると予想外のことばかり巻き起こるので。

 

それで、色んなことを考えに考え抜いた結果、ありました。1箇所だけ。自分しか入ることのできない静かな場所が。

それは自分の部屋でした。

 

いや普通かい!!!って全員に言われそうですけど、私にとってはようやく辿り着いた自分の部屋で仕事をするという当たり前ではない選択肢なんです。

詳しくはこの辺で爆語りしてるんですけど、私2018年頃から部屋がなくても生きていけそうだと思うようになります。

2018年の2-5月頃は部屋を持たない暮らしをやってみて、その後は部屋というより「倉庫と睡眠環境と駐輪場は同じ場所」が良い。でもその空間の中で生活する必要はないと確定します。

それから都内の物件を賃貸契約して、今書いたようなスタイルで利用していました。「寝ることもできる倉庫」くらいの感覚で探したので、家賃は最安の向こう側くらい安く、そして生活インフラがない部屋です。

そこから一度引っ越して、よりアクセスが良くなり、近所にカフェとジムは増え、冗談抜きで「部屋には寝に帰るだけ」という生活スタイルが完成しました。

そして2019年秋、約2年半の「自分の部屋で過ごさない暮らし」は終わり、次なるステップに移る時が来ました。Wi-Fiを契約して、自分の部屋で仕事をしよう。

 

とは言え、オフィス化しようにも、私の部屋には家具家電がほとんど何もありません。

あるのは機材、グッズの在庫、着替え、マットレスプロテインやシャンプーなど各種消耗品のみ。電化製品はPCとiPhone充電用の電源タップ1つだけ。

f:id:hoshinominimal:20200601210306j:plain

映画SAW感のあるソリッドシチュエーションです。

 

Wi-Fiは手に入れた。静かな空間はもともとあった。じゃあここを集中空間にするためには何が必要だ?

机と椅子とコーヒーだ!それでオフィスの完成だ!

 

ここでふと「スタンディングデスクってのが良いって、聞いたなあ!」と思い出します。

次回!私、文字通り立ち上がります!