ほしブログ

WOZNIAK / DALLJUB STEP CLUB / OUTATBERO / yuta.hoshi.mail@gmail.com

ミニマル計画8 引越しを機に

最近、周囲の友人やリスナー方々に私のミニマル計画が少しずつ認識されて来た感じがあり嬉しいです。やっぱりみんな身軽でありたいと思ってはいるみたいです。けど私自身もそういう情報調べまくってるけど、なんとなーくリアルじゃあないなあと感じる記事やブロガーが多い気がして、現実的に実践してる人ってあんまりいない (というかそういう人はブログとか書いてない説) んですよね。だからみんなの参考にならないっていう。なので私頑張ります。嚙み砕きたいっす。

--------------------------------------------------

さてさて前回まで4.5.6.7では私が持ってる物質をどんなマインドでミニマル化していったのか、カテゴリごとに書いていきました。

これ、書いたのは最近ですけど、考えたり行動してたのは2017年の冬春から1年間くらいのことです。その後今まで、ここ半年の行動の方が根本的な感じになって来てるので、先に進みます。進んだ先はつまり現在なので、ついにプライベートを公開することになるでしょうけど、楽しそうなんでいいです!

--------------------------------------------------

私は都内に住んでたんですけど、今年2018年始まって速攻、色んなタイミングが重なってそこを出ることになるんですね。1/10頃に2月中旬で部屋の契約が終了すると決まって、ここでの生活はラスト1ヶ月かーいきなりだなぁってぼんやり思った記憶があります。

それで、このタイミングで私、次の部屋を探そうっていう発想が全く出て来なかったんです。明確な理由はなくて、いや理由がないっていうか、部屋なんて要らないとしか思わないというのが正確なニュアンスです。ここまでの1年で色んな情報を得て実践して、ものを手放しまくって、考え方が超変わって、自分のスタイルが確立されたんだと思います。そういうのが前提にある中で突然、部屋がなくなることになって、これってターニングポイントになりそうだよなーみたいな。うまく言葉に出来ませんけど、みなさんもありませんか?たまに。例えば「仕事変えたいな」とかぼんやり思った日の夜に知り合いから「こういう仕事があるんだけど、誰かやりたそうな人いないかな?」みたいな連絡が来たり。ここ掴むしかないっしょ!みたいな局面。あらかじめ決まってたかのような展開の連続。そんなようなものを感じまして。

実際問題、引越しってビビるくらい金かかりますしね。仮に私が部屋を探そうとしてても、納得いく物件なんて見つからなかったと思います条件的にも予算的にも。そういう状況もあって、おっしゃみたいな気持ちで具体的にどうするか考えていきました。

--------------------------------------------------

生きるために必要なものって何なんだろうって、超細かく考えました。ここで言う必要なものっていうのは物質ではなくて、要素です。

寝る環境

食事をする環境

風呂

着てない服を保管する場所

洗濯物を保管する場所と洗濯

通信手段

移動手段

必要最小限の物質を保管する場所

仕事 (というか収入)

趣味や娯楽

ほとんどの人に当てはまるのはこんなもんでしょうね。加えて私の場合は

音楽制作やデスクワークをする環境

機材と物販の在庫を保管する場所

が必要でした。部屋が必要っていうより、これらをスムーズにやれればいいんだよな、みたいな発想です。めちゃ考えました。

--------------------------------------------------

そんな中ふと、自分の鍵束に付いてるジムのセキュリティーキーを見た時、

f:id:hoshinominimal:20180716051921j:image

あ、コレだ。イケる。と勝利を確信しました。

f:id:hoshinominimal:20180716232113j:image

こんな気持ちでした。

f:id:hoshinominimal:20180717210746p:plain

計画通りに行くかはまだわかりませんけどね。

--------------------------------------------------

その頃私、音楽活動の予定が立て込んでいたり、隙間時間で昼夜問わず友人と遊んだりで、それまで月半分くらい通ってたジムに数回しか行かないのが2ヶ月くらい続いて、それに月額7560円って超高いよなと感じてました。当然ながら余計なものは排除したいですから、そんなことなら辞めた方がいいよなっていう気持ちが半分。鍛えることもシェイプアップも出来なかったのにそんな理由でジムを辞めるってダサいし逃げだよなって気持ちが半分。そんな感じで迷いつつ、辞めもしないし行きもしない状況が続いてました。そこに超ブレークスルーです。私が利用してるエニタイムフィットネスは全世界の店舗を24時間365日いつでも利用出来て、その全店舗にシャワーが常設されてるんですね。コレです。完全にコレです。風呂です。私は全世界に風呂を持ってたんです。それに気づいた時、「そうか私、風呂の心配はないのか」と思ったんですね。これをきっかけに「あれ、部屋っていう単位ではなく、こうやって色んな要素をバラで構成しても生活って出来るんじゃあないか?」という発想が生まれました。会員になる前から、このジムは全世界の店舗どこにでも入れることやシャワーがあることは当然知ってましたけど、なんというか真価を発揮した感覚でした。何事も自分にマッチした使い方ってあるもんですが、それを体感した瞬間でした。BLEACHで言う卍解、ワンピースで言う悪魔の実の覚醒ですね。

--------------------------------------------------

ここから、風呂があればいったん大丈夫っしょ!みたいな変なイケイケテンションが覚醒しまして、じゃあ次はあれか、てことはあれか、みたいに生活のイメージを組み上げていきました。

寝る環境→ネットカフェ・Airbnb・友人の家・ちょっと遠いけど実家

食事をする環境→外食

風呂→ジム

着てない服を保管する場所→持つ・レンタル倉庫

洗濯物を保管する場所と洗濯→持つ・レンタル倉庫

通信手段→SIMフリーiPhoneに挿してる格安SIMをもっと研究する

移動手段→自転車

必要最小限の物質を保管する場所→レンタル倉庫

仕事 (というか収入) →頑張る (ちょうど月給案件が終わりフリーランスになったし)

趣味や娯楽→いっぱいあるけど物質は必要ない

音楽制作やデスクワークをする環境→カフェ・移動中

機材と物販の在庫を保管する場所→レンタル倉庫

これでイケるんじゃあねーの?という実に都合の良い妄想が完成しました。

--------------------------------------------------

最初に考えたプラン。それは原付バイクを購入して、基本はそれで行動。原付はメットインが結構デカいので、そこに荷物を入れる。基本は渋谷周辺にずっといてどこかで作業をして体力の限界が来たらネットカフェで寝る。色んなものの保管場所は実家。都心から1時間前後で帰れるので、洗濯の限界か必要なものが発生したら帰る。連日現場や人と会う予定がなければ帰って篭る。こんな感じでしたが、そもそもバイクを買う金が結構かかるし都心にはバイクの駐車場あまりないなどの問題が即浮上しました。そもそもお酒をわりと飲む人間関係が多いので、バイクじゃあ話にならないかーそうだよなーみたいな感じで、このプランはわりとすぐ消滅します。

これはミニマル計画を進めるうえで何にでも言える考え方ですけど、ものが増えると、それについて考えることが増えます。バイクだとしたら、デザイン機能値段など乗るバイク本体のチョイス、ヘルメット、防寒具、ガソリン、メンテナンス、駐車場、保険、お酒を飲んだら乗れない、雨雪では乗れない、など、ぱっと思いつくだけでこんなに。物質よりそっちの方が厄介です。ものを所有すると物質的にも精神的にも、負担や責任が増えます。なのでそもそも持つ (やる) かどうかを考えるのも重要だと思います。

--------------------------------------------------

そもそも私が目指すライフスタイルは、常に街にいて、即どこにでも行ける状態です。郊外でじっくり生きるみたいなスタイルは性に合わないし、音楽活動やイベント制作の仕事は現場で人に会ってなんぼなので。さらに私は人が好きなので、渋谷周辺 (というか人々が交差することが多い場所) にいつでもいたいみたいな願いが前提としてあります。

--------------------------------------------------

こんな感じであっという間に2月中旬になってしまい、結局、移動手段は自転車を渋谷駅の時間貸しの駐輪場に停めておいて、状況に合わせて電車バスと使い分けることにしました。その他の要素はほぼ上の通りです。

この辺からですね、いよいよ感が出て来るのは!