ほしブログ

WOZNIAK / DALLJUB STEP CLUB / OUTATBERO / yuta.hoshi.mail@gmail.com

[固定です]現場スケジュールとお問い合わせ

こちら現場スケジュールです。クリックすると詳細が出ます。

ほとんどのライブはメール予約も可能なので気軽にご連絡ください。

下記フォームに直接打ち込んで【送信】ボタンを押すと私に届きます。

チケット予約はお問い合わせ内容欄に【日時・お名前・人数】を書いていただき送信ください。

24時間以内に返信します!

 

日記0434/2019/07/21日

f:id:hoshinominimal:20190722211601j:image選挙。日々ものすごく政治に興味を持って流れを見てるとかでは全然ないんだけど、行かないって選択肢はない気持ちでした。投票所に着いたら数分で終わり。社会のことを知りたいなと思える貴重なタイミングです。友人と飯。なんとなくゆる〜い話をし続ける飲みの場っていい。最高。あのグッズいいよねなんて言ってくれてタイミングで私たまたまそれを持ってたから全部あげちゃって、セルフ追い剥がされスタイル。昨日回収できなかった自転車を取りに行くも時間を勘違いしててまた駐輪場自体が閉まってる。うっかり2泊させちゃってごめんよつーことでまた電車で帰宅ゆえにカフェもジムも行けず。

日記0433/2019/07/20土

f:id:hoshinominimal:20190722142427j:imageWOZNIAKのグッズを直接お届け。送料:私の時間、これが一番効率いいです。話したりもできるしグッドです。それが17時。次の予定は21:15。まで作業だオラとか思ってたんだけど、気づいたら3軒くらいサクっと飲んでて、予定の時間も21:15じゃあなくて19:15でした。何もかも予定外で。友人と飯。夕方渋谷に突っ込んだ自転車を回収してからventに行きたかったんだけど、それをしてると馬飼野さんのDJが終わっちゃうから断念。その甲斐ありなハウスでしたさすが。からの初見Jun Kamodaさん激渋でした。例の会見があった後に同じ場所でハウスのパーティなんてクールすぎる。力尽きて自転車を拾って帰ろうと思ってしばらく歩く。駐輪場自体が夜閉まっちゃうらしく完敗。GoogleMap的には24時間営業だったんだけどなあ。始発を待ってると目の前にclubasiaのみんながいて、なんとなくアガっちゃってasiaに行こうって流れに。一生興味を持てない音楽と人が溢れるパーティに潜入。こういう機会は逆にレアだからしっかり体感して、貴重な経験。体力は完全にゼロ。

京都にいる 日記0431/2019/07/18木

f:id:hoshinominimal:20190721204237j:imageOUTATBEROのライブで京都へ。20分くらい早く駅に着いただけで驚くほど時間にゆとりを感じて最高。そのお店に入った理由を突き詰めるならば「何となく」という他ない、そんなドラゴンダイブな気配の蕎麦屋で朝飯を食べてそのままメルヘンでサンドイッチを爆買い。ああ素晴らしい。新幹線に乗った直後に京アニの事件が起こって、いや今その街に向かってるなあ私なんてざわつきながら。練習やミーティング。今後のことをたくさん話し合ってあっという間に夜。リアルタイムでスケールがどんどん大きくなってくのを確認してて、結果、前代未聞の放火殺人事件になってしまいました。こういう状況で音楽イベントを開催すること自体大丈夫なのかメトロのひとに確認しちゃうくらい、異様な雰囲気でした。そてめちゃめちゃ雨。結果イベントは予定通り開催。遊びに来てる方がいてライブをやらせてもらえる以上、その瞬間その場にいるひとの意識を完全に奪い去れるような表現をするしかないと。ミーティングの内容と今日のことが妙にリンクして、本当に色んなことを考えた夜でした。スケールや方向性はさておき、誰かを元気にできる可能性がある仕事をしてることの意義を考えた夜でした。そんなことを考えながら演奏しました。この日のことは一生忘れないと思います。ライブが終わって乾杯するも朝まで謎に一切酔っ払うことなく。そのまま東京に戻りました。

2019/13 最近気になってる

MURA MASAが観れちゃうかも

BudwiserとMixmagが開催する"BUDX"が東京でやるみたいで、日によってMURA MASAとかSkreamが無料で観れちゃうチャンスっていう説!これは完全にチェック。夏休みっぽくていいよね。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

矢沢永吉

この前、朝の情報番組スッキリで矢沢永吉に密着した特集が放送されて、その時の永ちゃんがカッコ良すぎたらしく、みんながワイワイしてて、私もチェックしたらヤバ

すぎました。ライブ本番10分前に会場入り、6分前に前室、ライブをぶっかまし、楽屋を通らずシャツを脱ぎながら車へ、スタッフにガウンを渡されて着ながら車へ、会場から出る、みたいな流れがスムーズすぎて漢の中の漢でした。完全にロックでした。

それを経てメンバーと「永ちゃんが半端ねえ」って話をしてて、どんどん気になってます。よくよく考えたら矢沢永吉って、こういうエピソードや人柄がパンチありすぎて、楽曲って全然知らないですよね。勉強不足でしかないんだけど、1曲も歌えない。なのにこの圧倒的な存在。これはヤバイ。

新装版 矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG (角川文庫)

新装版 矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG (角川文庫)

 

 名著と名高い"成り上がり"と合わせて学びます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Age Factory

この曲マジヤバい!!!!!!!

この前大阪で同じフェスに出演して、そこで初めてライブを観ました。

おおカッコいいなあーなんて観てたらこの曲が来て、相当ぶっかましてました。こういう痛快でクールなロックをやってるひとを待ってた!ベタつきゼロな感じ。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Floating Pointsのシングル

いやもう一番カッコいい。LesAlpxだけ先行でリリースされてて、完璧に食らってたんです。その状態で残りの1曲と、LesAlpxの長いバージョンも追加されてちゃんとリリースもう永遠に最高。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////