Yuta Hoshi

WOZNIAK / TESTAV / DALLJUB STEP CLUB / OUTATBERO / yuta.hoshi.mail@gmail.com

2017/18w-23w(DSC中国ツアー含む)

05/01 月
智也さんとランチ。
としおかの塩は無限に美味い。AJTMAZMS!
高石ヒロヒロよっしーと飲み。
代々木上原Canned Crab Bar名店。カニって時点で最高。
からのキャット飲みを経て表参道で終電を逃す。歩いて帰るのもいい。
 
05/02 火
05/03 水
GW感覚でオフってた記憶。あんま覚えてない。打ち合わせはし続けてる。
 
05/04 木
GW他の店舗が軒並み休む中ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店はいつも営業してる。
塚本会のみんなでGO。乳化ガッチリ最高美味い。月2回食いたい。
龍吉智也さんとバッティングセンター行ったりダベったりして帰宅。完全なるオフ。
 
05/05 金
キダ先輩とランチ。按田餃子最強。行列入店待ち時間に日々の話。
食い終わってそのまま駅行ってごく自然に解散。現地集合現地解散って最高。
夜は松くんハウスで鍋うどん。アパレル軍団久々会ってのんびり話せて嬉しい。
帰宅中に午前3時と退屈のあにそにんとその仲間が飲んでるとの事でちょっと参加。
ヤング過ぎてヤバい。20歳くらいの頃の悩みっていいよなー。
 
05/06 土
05/07 日
05/08 月
05/09 火
05/10 水
じわじわ感じてた体調不良が一気に来る。
水飲む寝る風呂軽く飯、5日間、これを無限に繰り返す。
ベンチさんが骨折したって報らせ。生きてればそれでいい。
ただ緊急自体に変わりはなく、WOZNIAKはしばらくベース氏家に。
身軽って最高。ありがとう。スタジオ1回入って大丈夫そうだと安心。
 
05/11 木
復活。NENGU庫たろとリーガルリリーほのか嬢とランチ。
庫たろはいつも通り最高として、ほのか嬢久々こーやって話したけど歳下と思えない落ち着き。
 
05/12 金
氏とWOZNIAKのベース確認。智也さんから機材預かって流れで飯。
富士丸はたまに食べたくなるけど本当に吸い込む脂。オリジナル。至高。
 
05/13 土
WOZNIAKライブ
大宮ヒソミネ4周年おめでとうございます。
AJYSYTZルナちゃんとは数年前に音楽全く関係ないところで知り合ってたから、
うお、こんないい歌歌うんかいって衝撃。
 
05/14 日
WOZNIAKライブ。
京都でsiraphの企画にお呼ばれ。超嬉しい。
ひさごでランチ。親子丼まじ美味。観光地ぽい京都は久々。
生siraphいい。照井くん(爪)を始め鉄壁楽器陣からのAnnabelさんの歌とmcのギャップ最高。
 
05/15 月
WOZNIAKのMV撮影最終日。矢野さんはやってくれるはず。期待。
 
05/16 火
DSC打ち合わせ。MARZすぎちゃんも合流して。
久々のんびり話す朝まで。ベンチさん不在でライブをどう乗り切るか。
 
05/17 水
OUTATBEROリハ。寝ずの始発で京都。
 
05/18 木
MARZすぎちゃんと飯。
としおか2周年の記念はやはりつけ麺。おめでとうございます。AJTMAZMS!
行列待ってたら隣がInstagramでやりとりしたことがある通称ホシテツさんで声かけられてびっくり。サツアイ。激上がる。
 
05/19 金
キダ先輩とお茶。浅草ななやでアイス。今から浅草に行く予定だけどどう?と。
即向かってアイスからの浅草寺チルで滞在時間ジャスト1時間でまたも現地解散完璧。
WOZNIAKライブ。新宿MARZブッキングのみんなにお世話になりましたシリーズ2発目。
そのあとはMARZ ATTACKし過ぎて爆死。
 
05/20 土
10時に目覚めるも14時まで動けない。これぞMARZ ATTACK。
神楽音プレオープンでWOZNIAKライブ。
そのまま夜はConstant Value朝まで。
 
05/21 日
2日分動いた翌日は死あるのみ。寝る。
 
05/22 月
ハイスイノナサ櫻井ちゃんと飲み。
tricotよっしーも合流。MARZすぎちゃんも合流。ここ最近ほぼ毎日すぎちゃん。
ミヤザキ商店は本当に最高。ついに店員さんから名前聞かれちゃった。
 
05/23 火
DSCライブ。BrokenBoneSet初陣。
反応良くてひと安心。笑ってもらわなきゃ意味ない。
CRCK/LCKSかっこいい。インテリ軍団と思わせておいて酒飲み集団。最高。
そしてTempalay。2017年Tempalay問題。

めちゃ仲良くなれて本当嬉しい。

繋げてくれたすぎちゃん馬飼野さんに超感謝。MARZ本当にお疲れさまでした。
綾斗と最後の最後まで飲み明かす。
 
05/24 水
一臣さんと打ち合わせ。
からの「今何してんすか」とTempalay綾斗からメール。そのメールから30分後には乾杯するタイミングの良さ。
綾斗クルー何人か合流して飲み明かす。
 
05/25 木
MARZでFULLARMORドミコentの3マン。
「今日来ないすか」とドミコひかるくんからメール。
「今日来ないすか」とTempalay綾斗からメール。
マストでやることがたくさんあってどうしてもライブに間に合わないと両者に伝え作業作業。
終えて帰宅中に「待ってます」と綾斗からまたメール。
行き先を新宿に変更。着いたら終演後だったけど乾杯。嬉しい。
MARZに友達めちゃいて最高。FULLARMORいざーくんと釣り行こって話に。
ドミコ号に乗せてもらって帰宅。車内でアコギ弾きながら奥田民生やドミコの歌を爆唱。
おれの長谷川(命名あたそ)がミスって高速道路に乗り上げたりしつつ、無事帰宅。
忘れられない思い出だなあこりゃあ。
 
05/26 金
ID DAILYWEARの中目黒店オープン前日レセプションにお邪魔。感謝。

普通でかっこいい服って一番最高。

龍吉と飯。久々の目黒二郎は貫禄の味わい。
solfaでI/YとC-KAY。テクノ最強。
 
05/27 土
長い一日。
OUTATBEROライブ。
下北沢サウンドクルージング。
NUITOと共に京都軍団が東京に向かってるから、その前にパスをもらうべく早めに下北沢イン。
 
14:20 2日前に観れなかったドミコ。めちゃクール。新曲もグッド。
以降ひたすら下北沢ぶらり。
17:00 京都軍団東京着。パスを渡していったん離脱。
18:00 DSCマスタリング立会い。行ったらわりと完了してる状態で安心。アニへの信頼。
ピザを2枚頼む。届く。開ける。片方の箱が空。っていう奇跡を体験。いいことありそう。
20:30 神楽音オープン直前レセプションにお邪魔。音がいい小箱って東京に一番必要な空間かも。今後もお世話になります。
22:30 DSCのスタジオにスーツケースを置きに。
23:00 下北沢イン。OABライブの打ち合わせ。からの出番26:20までぶらり。スサシ、テンドウジ、テンパレイ、シネマ、らへんのみんなとひたすらクルージング。結局Tempalay綾斗とは今週火曜に出会って4回乾杯。中国でも会えるんじゃあないかと予想してる。
 
そこでERAから連絡。今やってるアーティストの機材トラブルで45-60分押してると。
28:00 結果100分押して明け方のOUTATBERO。なのにライブ中にどんどん人が増えて異様な空間に。感謝。
 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
!ここからDSC中国ツアー!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
05/28 日 中国ツアー1日目
スタジオに着くのも100分押す。
ごっちゃんがスーツケースに機材や物販をまとめておいてくれたおかげでスムーズに出発。申し訳。

f:id:hoshinominimal:20170614003841j:plain

ギリながらも問題なくフライト。ベンチさんは日本で待機。骨折治してね。
 
ごっちゃんはサブウェイでアボカドベジーっていうサンドイッチを「アベカドベジー」とオーダーして店員苦笑い。まだ日本だぞ。
心言は焦ってマスクを大量に買ったら4000円だったらしくいきなり大誤算の出費。まだ日本だぞ。
 
中国着。ツアーマネージャーのKKと無事合流。
いいやつだし、彼がやってる仕事の話を聞く限りどうやら相当な敏腕マネージャーぽい。
 
上海には2つ空港があるんだけど、我々は関東で言う成田みたいな遠い方の空港にインしたらしく、そこから南京へバス新幹線タクシーで待ち時間含め6-7時間。中国広い。
 
南京(なんきん・ナンジン)着。ホテル綺麗。安心。
ルームキーを抜くと全部の電気がオフになる仕掛けは合理的。
KKと飯。KKの気遣いが一瞬で伝わる店のチョイス。土間土間くらいの感じ。ごっちゃん曰く宇田川カフェぽい。そんな空気感のお店。
南京大学の目の前ってこともあってお客さんのほとんどが美女。ワオ。
ビビンバやチヂミ、わかめスープが出て来るってことは韓国料理推しなのかな。
長い串に豚や鶏、ラムやキノコが刺さったのが山のように積まれるやつ(長串システムと呼んどく)がメイン料理ぽい。これこれ。

f:id:hoshinominimal:20170614003755j:plain

このツアーにはサウンドエンジニアのタイガーってやつが同行してくれるらしく、今南京に向かってると。
「タイガーは相当クレイジーで酒飲みだから今夜は『酔っ払うってこういうことなのか』て知ることになるよ。」とKK。ワオ。
タイガーを待つ間ホテルでしばし待機。
 
その一瞬で全員爆睡してしまい初日終了。
 
05/29 月 2日目
全員「昨日部屋で寝ちゃってごめん!」と開口一番。KKもそうだったって。タイガーとも無事挨拶。f:id:hoshinominimal:20170614000724j:plainランチ。ここも穏やかな軽チェーン感漂う良店。中華そば的なのと木耳のおつまみと小籠包3種。小籠包が美味すぎてヤバい。おいおい軽チェーンでこれかよ。
右からタイガーKKコンビ。

f:id:hoshinominimal:20170614000615j:plain

おばさんの店員が超楽しそうに自撮りしてる。日本だったら即クビだろこれ。

 

KKとタイガーは用意するモノがあるらしく4-5時間別行動。
南京をぶらり。スーパーで買い物。売り場の一角で店員が集まって、しゃがんで昼飯食ってる。日本だったら即クビだろこれ。
外資系カフェチェーンみたいな店でチル。ブラックのアイスコーヒーを飲めてひと安心。
その店が推してる「アボカドマンゴースムージー」が気になってしまい追加オーダー。
店員「はあ。作るのに10分くらいかかるけどいい?」と嫌々。これが海外のスタンス。売る気ゼロ。味はクソ美味。
 
ホテルで休憩。中国はネットの色々が規制されてるから、WIFIはあるんだけどそれだけじゃあほぼ何も出来ない。

Jizueの希依ちゃんから「iPhoneVPNのアプリを入れて、それを起動させて他の国のサーバーを経由すればネット普通に使えるよ!」とレクチャーを受けてた(希依ちゃんに感謝みんなJizueを聴こう)から、iPhoneはその通りやれば何の問題もなく使える。

が、PCにはそーいうアプリ入れてなかったから何も出来ない。だから通信系は全部iPhoneで。一通り連絡とソーシャル。ストレッチやヨガで完全回復。
 
ライブ1発目。リハ。電源問題大発生。
使う機材リストは送ってあったんだけど、まああるよな。電圧が合わないってことで一瞬絶望。けどすぐ変圧器を手配してくれて解決。その待ち時間に「とりあえずお前がやる事はこれだ!」とビールを渡して来るPAタイガー。いいやつだな。タイガーお前も飲むんかい!と心の中でツッコミながら。
 
ライブは基本いつも通り。
いつも通りつっても、そもそもBrokenBoneSetが我々にとって非常事態、かつ70-90分やってくれっていうリクエスト、かつ初の国。て事でとりあえずやってみっぞ!なテンション。
反応は良い。バイヴスで出来てるようなお客さんがフロアに何人かいて彼らには本当感謝。そーいう人がいると空気が良くなる。
 
打ち上げ。路上。屋台。これを待ってたよ。
営業する事自体違法だけど基本大丈夫らしく、歩道にテーブルとイス。人が増えるとテーブルとイスが追加される。朝にはこの辺一帯全部テーブルとイスになってるらしい。タイガーが言うことは何が本当で何が冗談なのかわかんない。
ここでも長串システムが出て来て超あがる。
枝豆、あさりの煮物、謎のとろみ炒め物、など。ピザっていうただの丸い生地を焼いたパン。これに長串システムを乗せてピザつって食うらしい。ピザの概念よ。
これらを水級に薄いビールでやる。ファンタのが酔っ払うんじゃねーかってくらい薄いビール。
 
ライブをしたハコのスタッフのパイセン的存在が経営してる店に移動。
よくよく話を聞くとそのパイセンはいわゆる堅気系の人ではないらしく、なかなかの空気。
ただKKがビシッと仕切ってくれて安全に楽しく飲みは進む。
タイガーは相当飲む。色んな話をしながらホテルへ。
サイドカー付きのバイクを発見したタイガーが「これは日本語で何て言うんだ?」と聞くから
サイドカーだよ。side car。ジャパニーズイングリッシュ(カタカナ)だよ。」と伝えるとクソ上がって
「ワオ。サイドカーサイドカー!」とカタカナ発音。なぜ。
ごっちゃんが風呂あがるの待ってる間に寝落ち。
 
05/30 火 3日目
南京から上海(しゃんはい)に移動。何のトラブルもなく2時間くらい。
ランチはホテルの横のローカル中華。待望のこの感じの店。
小籠包が美味過ぎる。やけど上等。
ブロッコリーとキノコの穏やかスープ、カエルのとろみ炒め、よだれ鶏て名前がつきそうな山椒系のやつ、麻婆豆腐、チャーハン、食う。極まる。

f:id:hoshinominimal:20170614003614j:plain

チャーハンが出て来るのが遅かったらしく「チャーハンに麻婆豆腐をかけるのが最強だだったんだけどな」とKK。
麻婆豆腐、即追加オーダー。麻婆豆腐が出て来るまでに今度はチャーハンを完食してやろうと思ったけどKK真面目だからやめとく。そして麻婆豆腐到着。極まる。
店員は当然やる気ない。フロア担当のでかい兄ちゃんが一番やる気ない。
やる気ないっていうか「接客」て概念がない。だから向こうも楽だしこっちも楽。
だいたい何でも許されるしおかしなことは誰もしない。静かなマナーがある。
 
KKが上海といえばココだろみたいな川沿いに連れてってくれる。
はいはいコレな!て感じの景色。いわゆる観光。蒸し暑さ100の中のんびり歩く。

f:id:hoshinominimal:20170614000910j:plain

ライブ2発目。この日のライブハウスは完全に東京の中規模バコ。
環境が最高に良い。名古屋のロックンロールの内装に超似てる。サイズはMARZとASIAの間くらい。
DIもたくさんあるし変圧器も完備。PAコウくんがロジコマのTシャツ着てる。
挨拶しながらTシャツを指差すと「日本語少しわかるので、何なりと!」と日本語で。感動。
2発目だし環境も完璧だし、ライブは納得の内容。フロアのバイヴスも高くアンコール3曲やる。
 
終演後色んな人と話す。日本語率高め。みんなドラマやアニメで勉強してるんだって。
タイガーに「ちょっとこっちに来て座って」と突然呼ばれる。
タイガーは常に無表情だから温度感が全くわかんない。雑誌を見せられる。「最高だよな。これ。」と。若いギャルのグラビア。

f:id:hoshinominimal:20170614003441j:plain

最高なのはお前だよ。まさかの1歳歳上かつ妻子持ちってことが発覚。
終日サイドカーと言い続けるタイガー。
日本語ペラペラなお客さんグレッグ曰く「どうやら彼は昔からサイドカーに興味があったらしいよ。」と。何の話だよ。
 
打ち上げもホテルの横のローカル中華。再訪AZMS。
フロア担当のでかい兄ちゃんがまだいる。そして一番やる気ない。長時間勤務おつ。
長串システムが出て来て上がる。焼き鳥みたいな夜飲みの定番アイテムなんだろうな。
横の中華屋で買って来たビーフンとチャーハンが神。完全に王将の味。1皿50-100円くらい。
中国は基本持ち込み上等スタイル。グレッグが打ち上げにも来たから、結構突っ込んだ話を精密に通訳してもらう。
「タイガーが妻子持ちだった事におれ達は衝撃を受けたよ。常にふらついてると思ってた。」と伝える。
ちょうど別の話題で中国クルーがコンドームを出してたみたいで、それを取り上げたタイガーが「コレがあるかないかで人生が変わる。」と。爆笑。

f:id:hoshinominimal:20170614003521j:plain

去年のカナダはスタッフがたくさんいたから、英語を使わなくても良かったけど今回は違う。
「英語 or DIE」だから結局それが成長に繋がってるよ。
と、これをグレッグを介さず伝えて、深く頷いてくれる。
ホントその通りだよなって。"It's growing up"て堂々と伝えたんだけど、ハイスタじゃんそれって突っ込みが入らなかったってことは伝わってない雰囲気あり。
おれが先に風呂入ってる間にごっちゃん寝落ち。
 
05/31 水 4日目
上海から武漢(ウーハン)に移動。新幹線で5-6時間くらい。長過ぎる。寝つつ喋りつつ。
KKが朝飯にパン数種類買っといてくれる。名マネージャー菓子パンAZMS。
うち1つが北海道産だったことにKKタイガー激上がり。なぜ。「ホッカゥド?は?」と永遠に言い続けるタイガー。
KKの中国音楽事情講習会は本当にためになる。
ものすごいチャンスが広がってるぞと終始。毎年来いと言われ即YES。信じて進み続ける一択。
 
タイガーの英語中国語日本語講座も超面白い。お互い教え合う感じ。
日本語の「は」とか「が」って何なんだ?とタイガー。
助詞なんだけど英語で説明するの難しいなあ。"Just feeling"で納得してもらう。
 
おれが関わってる中国人はほぼ現金を出さずに謎のアプリをレジにかざしてる。
あれは何だ?と聞くとAliPayってアプリだと。

シェア率がほぼ100らしくあらゆる場面の決済がそれ。

話を聞くとただ便利ってだけじゃあなく、第三者の企業を介して決済がされることが安心なんだと。
中国人は何事にも寛容だけど他人の事は信用しない。
だから金を公正に管理出来るシステムはすごく重要なんだ。と。なるほどめちゃ納得。
車内販売の角煮弁当を食べて武漢にイン。
 
ライブ3発目。キャパ5-600人。
形は超シンプルなライブハウス。小さいEXシアターみたいな。内装はゴリゴリのライブハウス。
武漢はタイガーの地元だからとにかく任せてくれな空気感。音相当良いし設備もめちゃしっかりしてる。
リハを終えて裏の雑な中華で最高水餃子を食いまくる。

f:id:hoshinominimal:20170614001220j:plain

6種類の餃子がランダムで盛られてる。パクチー餃子神。準備万端。
結構お客さんが来てくれる。イケてるヤングがたくさんいてBPMが何であれビードが入り次第ガチ乗りしてくれる空気。
お客さんやハコの店員とたくさん喋る。みんなちょいシャイだけどすぐ打ち解ける。
 
打ち上げはレペゼン武漢なタイガーのおごりでひたすらショット。

f:id:hoshinominimal:20170614001330j:plain

このように。これはバナナショット。酒の味強め。女子綺麗め。死が近付いてる。
先週MARZ ATTACKしまくったごっちゃんとおれに死が近付いてる。
鶏を丸ごと食ったり二郎千住大橋の2倍カラメな醤油焼きそばをむせながら食ったりして打ち上げ。
寝落ち厳禁て事でごっちゃんが風呂入ってる間は部屋の中で立ち続けて何とか風呂洗濯を経てちゃんと寝る。
 
06/01 木 5日目
唯一のオフ。タイガーの嫁、娘、親父、おかんが登場してみんなでBBQ。
ここでこの旅1回目の生野菜サンチュ。
国立公園内の湖の畔でかます長串システムも最高。虎一家みんな優しい。
3歳の虎娘を中心に進む。人生初のコーラの瞬間に立ち会う。感動する虎夫妻を横に虎娘「は?別に。」な態度。

f:id:hoshinominimal:20170614001451j:plain

とうもろこしが大好きらしく焼くのを待ちきれず生のままバシバシ食う虎娘。夫妻苦笑い。
 
ちょっと移動して別の湖へ。果てしない自然。森。ウーハンは街々してるけど湖と川や自然も豊富。
KKやタイガーが森に向かって「ミミミド♪」みたいな口笛を吹くと奥から同じようなのが返ってくる不思議。やまびこ的なものなのか。
 
ポーネグリフ的石碑や馬像などからの石段を経て祭壇的な聖なる空間に辿り着く。
その横に突如まさかの表参道にありそうなカフェ登場。
道士の店主めちゃイケてる。SAMぽいダンサーな出で立ち。
そこのカフェラテの味が完全に表参道で一度大感動。
そしてタイガーが身内級に仲良いらしく全部店のおごりAZMS。
からの中国勢が2階に上がってぞろぞろ降りてくる。木のボートを持ちながら。
カヌー。まさかのタイガーお手製のカヌー置き場だった。
詳細を何も知らされないまま数分歩いて運ぶ。
 
よし、行け!とKK。たまにスパルタなマネージャー。
心言タイガー、ごっちゃんおれの2隻でバカでかい湖を行く。
タイガーはそもそもこのボート自体を手作りするくらいのマスターだから漕ぐのもマスターでどんどん行っちゃう。
こっちチームは謎のKK指示でおれが漕ぎ手、ごっちゃんは進行方向と逆向きで座る体勢。

途中何度も転覆しかけながら、1時間くらい漕いでゴール。想像を絶する自然体験。

 
ホテルに戻って荷物をピックしつつショートステイでみんなで風呂だけ回す。男子校ってこんな感じなのかな。
安食堂でチンジャオロースー講座、同じ具材でも切り方が変わるだけで別の料理別の味になると。さすが深い国。
 
廣州(ジョンジャン)へ寝台列車14時間。1100kmだったっけな。果てしな。
ダイニングバーがあるからそこで飲みまくろうぜとタイガー。
まさかのこの日は閉鎖。shitで1000回くらい言ってる。
みんなが寝静まった車両でタイガーとごっちゃんと3人でタイガー日本語講座。
 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
平仮名          片仮名
 
あいうえお アイウエオ
a i u e o
かきくけこ カキクケコ
ka ki ku ke ko
さしすせそ サシスセソ
sa shi su se so
たちつてと タチツテト
ta ti tu te to
なにぬねの ナニヌネノ
na ni nu ne no
はひふへほ ハヒフヘホ
ha hi hu he ho
まみむめも マミムメモ
ma mi mu me mo
やゆよ         ヤユヨ
ya yu yo
らりるれろ ラリルレロ
ra ri ru re ro
わをん         ワヲン
wa wo n
long tone
がぎぐげご ガギグゲゴ
ga gi gu ge go
ざじずぜぞ ザジズゼ
za zi zu ze zo
だぢづでど ダヂヅデド
da di du de do
ばびぶべぼ バビブベボ
ba bi bu be bo
ぱぴぷぺぽ パピプペポ
pa pi pu pe po
ぁぃぅぇぉ ァィゥェォ
xa xi xu xe xo
っ               ッ
xtu
ゃゅょ        ャュョ
xya xyu xyo
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
これを軸に基本を教えまくる。
「は・ば・ぱ、ってなんなんだよ!まじかよ!そんでこの横の片仮名ってなんだよこれ!爆笑!」
を始め日本語は本当に不思議な言葉だなと。
これに漢字が加わるんだからすごいと。その意味や用途も伝えつつ。
ものすごい速度で理解していくタイガー。こいつまじで頭いい。
 
「KKは金払って日本語を勉強してるらしいんだけどおれはそんな気はねえ!今教えてくれ!」
と。最終的に明日の朝飯はおれがおごるぜ!って言われたけど余裕でおごってくれてない。
タイガー的日本語はサイドカーに続き「よろしくお願いしまーす!」がベストワードだった様子。
 
06/02 金 6日目
廣州着。ここから南部3箇所。おい、湿気が見えるぞってくらい暑い。
KKの地元だけって渾身のランチに連れてってくれる。
めちゃ美味いけど無限に飯が運ばれて来る。全員撃沈。
 
まさかのラブホテルに男4人2部屋。
虎とおれ、心言とごっちゃんの部屋、以後のホテルはこの組み合わせが続く。
虎ルームキーを部屋の中に忘れたまま外に出てしまいがち。
 
この日の会場は本当に設備が良い。各フロアが仕切られてないasiaって感じ。
音もそんな感じ。KKは低音好き。
PAの子がアイアム系(kiko)。PAや照明やフロアまで全部こなす19歳。やば。

f:id:hoshinominimal:20170614004222j:plain

リハはばっちりだったけど低音の出し方がちょっと異様。
そのぼんやりした不安が的中してライブ本番、
会場の機材トラブルでサブウーハーから出る音が止まったりする。
けど最終的にはかなり盛り上がる。
KKがオーナーというだけあって現地のアーティストなど同世代ぽい人とたくさん交流。
箱の関係者ぽい人たちと打ち上げ。ジョンジャンは長距離運転手が休憩するエリアらしい。
虎暑くて限界。暑さにめっぽう弱いらしい。
 
ルームキーを忘れて部屋に入れないから受付でスペアキーをもらうのが通例になる。
おかげで部屋の電気関係がつきっぱで部屋干しがカラっと乾いてる。
タイガーと朝まで音楽の話。ソロでWOZNIAKてのやってるって話しになって
HeptagonのMVを観せたら「おいおいこれおまえかよ!観たことあんぞこのV!」と。
そのままテンションぶち上げで色んな音楽をシェア。
総じて「椎名林檎まじセクシーでやばいわこれ。」て感じで朝まで。
 
06/03 土 7日目
この日はKK不在。虎マネ。
タクシーで1時間ちょい移動。中国はタクシーが異常に安いらしい。
あとタクシーに乗ると500mlの水を1人1本もらえる。セーブポイント感覚。
中山(シェンジェン)着。ぶっちぎりで一番暑い。
地元系食堂でランチ。茶碗蒸し最高。人口密度低めで過ごしやすそうな空気感。
リハを終えてホテルへバック。虎星コンビは基本腹減ってるから軽めのワンタンを食ってからホテル。
またルームキーを忘れる虎。いや違う。まさかのわざとだった。
部屋が涼しいままだ。17℃だ。これがタイガーのスキル。
果物屋で買って帰った人生初のドリアンの衝撃がすごくて昼寝など出来ない。

f:id:hoshinominimal:20170614002455j:plain

f:id:hoshinominimal:20170614002342j:plain

中国の紙幣の話。金額が変わっても全部同じ人。
チェメメンという革命家ってことだけどあとで調べたら毛沢東か。
この辺の歴史を知ってるともっと深く楽しめそうだ。
とりあえず記念に全部の紙幣持っとけよとタイガー。
 
ライブ。この日は対バン形式のイベント。
共演3つ基本的にすごく普通。けどやる気はすごく感じる。
今伸びてる国なんだなってのがよく分かる。
本番、このツアーで一番盛り上がる。対バンのお客さんを全員いただいた実感あり。
黄色い声援が上がりまくるけど総じてそれに慣れてない。

f:id:hoshinominimal:20170614001726j:plain

写真いい?サインいい?ハグいい?て。こーいうテンションのガールズから永遠に。
見てよこのデレるジャパニーズの顔。海外に行きまくりたいと確信する我々。
 
打ち上げで虎から「まあまあかぶちかますか、どっちがいい?」と運命の質問。
「ぶちかます一択!」で最高!夜の街をぶらぶらしまくる虎クルー。
晩飯はカップヌードルと桃の缶詰とビールとコーラ。最高うまい。
「おれがツアー全体のマネージャーだったらおれ含め全員死んでるな」と。本当にそう思うよ。
ルームキー忘れ作戦を習った心言、それを忠実に遂行し過ぎて2枚目のキーも部屋の中。
まさかの警備員出動で開錠。
 
06/04 日 8日目
タクシーで1時間ちょい移動。車内さすがに寝る。
深玔(しんせん・シェンジェン)着。めちゃグルーヴ感じる街並み。
ホテルの1階がカフェで早めのランチ。
日本にもありそうなカフェ。WIREDカフェくらいの空気感。
f:id:hoshinominimal:20170614001921j:plain
2回目にして最後の生野菜の付け合わせのサラダ最高。バーガー最高。
 
部屋の振り分けをせず虎星コンビ。
「またお前と一緒の部屋かよ。ベストフレンドかよ」と虎。そう思うよ。
中国人の国民性の話。日本人はガワが変わっても心が変わらないから良いと。
中国人はその逆。ガワは同じなのに心がどんどん変わってく。と。
そこから禅の話になった流れでおれのミニマルライフの話。身軽で最高だよと。
お前はワイルドキャットだな。いいことだ。
おれは作業場と家を回ってる日々だよ、と。
中国の歴史の話。深圳インしたKKも加わりもっと深い話に。
 
KKのランチに同行する形で遅めのランチ。グリーンカレー最高。
おみやげ買いにスーパーへ。ザーサイ大人買い
リハ。zeppクラスの規模の会場。環境も最高級。
メディアアートのフェス週間の直後。灰野さんなども出てる。
星(しん)優(ゆう)太(たい)というリズムが調子いいのか、みんながシンユウタイと呼び始める。
心言は森だから森林でシンリン。ごっちゃんの後藤は「◯◯がここに」って意味らしく、ゴトゥシンリンシンユウタイのDSC中国ニックネーム。
 
このツアー自体の連絡をずっと取ってた中国クルー、アルビン登場。
香港のバンドのシンガー、アシュリーも登場。
りんごにこのソースを合わせるのが最高だから食えよとタイガー。
みんながくすくす笑ってるのを見て罠だと確信して回避。
りんご自体は美味い。皮なんて剥くはずもない。
 
ラストライブ。納得。チルめな曲のセクションでエモみが炸裂しかけてやばい。浜崎あゆみがレコ大でサビ歌えなくなるみたいな。
さすがにパンパンとかは無理だけどたくさん人入る。
みんな結構日本の音楽に詳しい。LITEのシャツを着たお客さんと2ショ。偉大な兄貴だわ。
バックステージでチル。トイレから戻ると心言がりんごの特性ソースがけを食ってて全員爆笑。
ただの醤油だったらしい。
心言の”So sad”に対し、”No! It’s beginning!!!”とKKきっぱり。熱い。
KKタイガーアルビンアシュリー我々で最後の晩餐。鰻のお粥最高。長串システムも健在。
「最後だしアレかまそうぜ」とKKタイガー。

f:id:hoshinominimal:20170614002750j:plain

アルコール52度の酒。200mmくらいが3本。
それを無限乾杯でMARZ ATTACK直後のごっちゃんとおれは死にかける。
日本人が共通認識として持ってる中国と言えばな事柄は本当なのか質問。
 
「中国4000年の歴史とか3000年の歴史とか言うけどどれが正解か」
→記録に残ってるのが4000年。その前にもう1000年ある。これが正解らしい。
 
「飯を残した方がいいってのは本当か」
→昔はそうだったけど今は全然そんなことないからこの鰻粥もっと食えや。いや酒入り過ぎて無理っす。
 
「自転車で追手から逃げて細い路地に入って棒的なものが邪魔して来たり窓が開いたら飛んで避けるみたいなことはよくあるのか」
それジャッキーチェンな。
 
タイガー→虎、虎と言えば日本では「男はつらいよ」の影響で虎さんって言葉が一般的だよと伝える。
閉店時間まで飲んで全員爆死寸前。
 
何かの雑談の流れで5日目の聖なるエリアでの口笛が返ってくる不思議は何だったのかって話に。
その流れで
 
「日本の鳥は何て鳴き返して来るんだ?」とタイガーが自然に質問してくる。
 
あれ鳥だったんかい!!!!!!!!
 
DSC全員超疑いまくったけどこればっかりは神に誓って本当だと。旅一番の衝撃。
本の森でもやってみな。何かしら返して来るぞとの事。
WOZNIAKもDSCも新作出すんだからまたすぐ来いよ、呼ぶし。とKKタイガー。

f:id:hoshinominimal:20170614003208j:plain

パノラマの中を自由に移動するタイガー。
このコンビはバランス最強。本当にありがとう。
今後は日本国内のちょい延長くらいの感覚で中国香港台湾ツアー全然あると思うしそうあるべき。
 
06/05 月 9日目
寝落ちから目覚めたらチェックアウト13分前。即準備してGO。
09:25に目覚めるタイガー。タイガーはダラダラしてるけどウーハンの家に帰るしここでお別れって知ってる。エモみに浸る間もなくお別れだなと。
09:30になるぞー、あと50秒、5、4、などカウントダウンされる。1分遅れで準備完了。
 
ここから部屋を出る準備を始めるタイガー。
いやお前も一緒に出るんかい!
 
ロビー向かいながら「シンユウタイ、トラサン、Oh〜♪」とタイガー。
ここでエモみが炸裂してしまう。再会を約束してグッドバイ。
 
深圳宝安国際空港着。2013年竣工だけあって近代的なデザインで超クール。

f:id:hoshinominimal:20170614003013j:plain

ここでKKともグッドバイ。熱くて頼れる漢だよ。
洋式で水が自動で流れて紙常設のトイレ神。
Kungfuっていうブルースリー印の中華レストランで飯。
巨大チェーンで何度も見かけた店だったけど味もそんな感じで安定AZMS。
出国ゲート探しに苦戦してるうちにリミット数分になっちゃってギリギリセーフ。
からの天候悪化が理由でフライト90分押し。
 
帰国。改めて日本はトイレが鬼綺麗。
成田から帰ろうとしたらまさかのベンチさんがお出迎え。

f:id:hoshinominimal:20170614003925j:plain

最高だよね。この紙わざわざ出力する辺りがーさす。
中国の国旗意識でルだけ黄色にする感じね。

f:id:hoshinominimal:20170614010239j:plain

4人で旅の事を話しながら無事機材戻し、富士そばをキメる。完。
 
タイミング合えばマストだと思ってたDommuneでのAkiko Nakaymaの企画。
ちょうど成田にいたくらいに本人から連絡もらったしダッシュで向かう。
30分くらいしか観れなかったけど最強。あの瞬間の彼女は神になって世界を創ってる。
帰宅して待望の浴槽に浸かりながらワンピースの考察サイトを読み漁って28時頃寝る。中国ツアー1発目おしまい。
 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
!ここまでDSC中国ツアー!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
06/06 火
帰国して普通に生活。
あらゆる方面の方々と打ち合わせ。
電波の関係で遅れてしまったあらゆる連絡をしまくって1日終わり。
 
06/07 水
WOZNIAK新譜”密林”発売。ついに来た。
お祝いでソロとしおか塩ラーメン神の味。
 
06/08 木
DSCライブ。向井秀徳さんとしっかりお話。感無量。
Tempalay綾斗とミカテラが遊び来てくれる。
みんなも飲んで飲んで27時に天一決めてDSC爆死。
 
06/09 金
レコ屋に密林の挨拶回り。感謝。
新代田LFRにも納品。店主辻と久々ゆっくり話す。
キダ先輩エンナちゃんと飲む。
ドラマーあべちゃんよっしー、綾斗も合流し最高。
 
06/10 土
OABライブ。世武裕子さんとご一緒。感無量。
ファンです!と伝えると「変わってますね」と。
この返し、いただこう。
夜はENAさんのDJで完全に持ってかれる。寝てる場合じゃあない。
 
06/11 日
寝れずのWOZNIAK名古屋。
昼からのイベントって最高。
ライブぶっかまして味仙キメて26時に帰宅最強。

(追記完全版)なぜおれはこんなにTempalayを好きになってしまったのか

2017年Tempalay問題が勃発中なんだ。

 

2014年:宇多田ヒカル問題
2015年:ペトロールズ問題(これは2016年cero問題まで波及する)
2016年:Oneohtrix Point Never問題

に続き、

今年の大問題は今のところ完全にテンパレイ。

 

まず、Tempalayというバンドについて。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
東京・埼玉を中心に活動する
小原 綾斗(オハラ・リョート/ Gt&Vo)
竹内 祐也(タケウチ・ユウヤ / Ba)
藤本 夏樹(フジモト・ナツキ / Dr)
ライブのサポートメンバーのAmy (エイミー / Cho&Syn)
を加えた3 ピース・バンド。
結成から僅か1年にしてFUJI ROCK FESTIVAL ’15「ROOKIE A GO-GO」に出演。
西海岸やカナダの海外インディーシーンの影響を感じさせる独特の脱力したサウンドに
どこか懐かしさを感じさせるメロディーと極彩の
サイケデリック・ポップはシーンの中でも独自の存在感をはなつ。(HPより)
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

という感じのバンド。

これは新譜。

これは前作の曲のMV。

 

と、おれの◯◯問題について。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

最初にここ数年の問題一覧を書いたんだけど、

1年を通して自分の音楽観に一番衝撃を与えたアーティストのこと。

もう少し細かく言うと、そのアーティストの音楽的背景を全く知らない状態で好きになっちゃって、そのアーティストを頂点として色々辿って行くことで結果的に色んな音楽を好きになれるきっかけになっちゃったアーティスト。

 

音楽どころか何にでも「問題」になるモノがいつもあって、それによって自分の興味がどんどん進んでいった結果が今の自分を形成してるみたいなトコある。

だから凄く重要。ただ好きとかっていう次元じゃあない。

服だとSASQUATCHfabrix.

建築だと安藤忠雄さんやバウハウス

アニメーション全般は攻殻機動隊のSAC。

自分にとってのターニングポイント

になった人やモノみたいな。

それが◯◯問題。

その最前線にあるのが2017年Tempalay問題。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

もともと大きく括れば同じシーンの中にいるアーティストだし認識はしてたけど、

ざっと知ってる情報から察するに、ゆるめでサイケなシティーポップのバンド。

トロールズやceroを経たことで、

刺激的なサウンドじゃあなくても好きになれる音楽ってあるんだってことを知った。

だからTempalayも普通にいいバンドだなって気持ちではいた。

 

2016年の大晦日に彼らやドミコが主催してるパーティ

にDALLJUB STEP CLUBで呼んでもらってMARZで年越し。

 

その時初めてライブを観たんだけど、Tempalayはカウントダウンにライブだった。

結構酔っ払ってたのと、カウントダウンの演出が謎(SMAPありがとう的な映像や音が流れた気がする)で。ゆるいなーなんだこれーみたいな。

けどそのまま観てたら、なんか想像してたより全然タイトに演奏してた。

音楽的に拍が揃ってるみたいなタイトというより、かますみたいな気合いをめっちゃ感じた。音はゆるいのに。そんな印象と、何の曲か覚えてなかったんだけど、

謎のキメみたいのがある曲がかっこ良くて、あれいいじゃん!あとで話してみよ!

て気持ちになってた。

朝までのイベントで、相当ボロボロになってしまって(お酒的な意味で)

結局ほとんど話せなかったし、

謎のキメみたいのがある曲がかっこ良かった!」と綾斗くんに言ったはいいが

全く伝わってなかった。

 

そのまま2017年イン。

OTOTOYかなんかをザッピングしてたら新譜(5Kyoku)が出ると記事。

何となく聴いてみる。1曲目のNew York City。

あれ、こないだのライブよりだいぶシュッとしててクールだなあという印象。

 

で、2曲目のAustin Townで驚愕。

ずっとズレてる感じがする!

 

サビの歌とベースが!何この曲!フェイザーずっとかかってる!

違和感がすごい!けどなんか成立してる感じもする!いやあ!聴いちゃう!

 

みたいな。これは自分が辿ってきた音楽と全く違うルートでここまで来た人が作ってる音楽だと直感で。これは知らないおれが悪いんだ。という圧倒的な感じ。

 

この衝撃は今までの諸問題にもあった。

こうなるとおれは終わり。

 

過去の作品全部聴く。カッコイイ。

YouTubeSNSを一通りチェック。ハマる。

インタビューなども記事チェック。ヤバイ。

色んなの読んだけど、このインタビューが一番良かった。

 

あと年越しのライブで印象に残ってたフレーズの曲もわかった。

この3:14らへん。最高。この間。

 

それからと言うもの、Tempalayを聴き続ける日々。

3月くらいだったかな。ドミコのひかるくんと飲んだときにこの件を熱弁してしまったり。

いやー、まじヤバイよねーテンパレイ。ムカつくよなーつって2人で。

 

そんなタイミングで05/23にMARZで共演することが決まった(と思う、時期よく覚えてない)んだけど、嬉しいっていうか、もうこっちはただのファンになっちゃってるから、こんな早く共演出来なくてもいい!みたいな感情。なにそれ。

 

↑彼らが影響を受けたアーティスト、もっといるんだろうけどネットにあがってる記事などで調べた感じ、この辺なのかなと。

聴いた聴いた。理解したくて。

当然、全部ほぼ知らなかった。そして全部凄くかっこいい。

こーやって自分が作る音楽とか、好きなモノがちょっとずつ変わっていく感覚。

これが自分にとっての◯◯問題。めちゃポジティブな大問題。

けど、この辺のアーティストだいたい聴いたけど、

やっぱりTempalayが最強。

曲がまじでいい。全てが絶妙。佇まいがリアル。

広い意味でシティーポップ現代解釈な空気感のアーティストってたくさんいるし、

その中にはいつのまにか大型フェス常連になってるアーティストもいる。その辺のアーティストだいたいおれも好きっていうか普通にいいよねって思うけど、それらのどのアーティストよりもTempalayがかっこいい。センスが圧倒的に飛び抜けてる。

 

で、このブログを書いているのが05/23ライブ当日。

DSCのリハが終わって、オープンまでの間。

西武新宿駅改札を見渡せるスターバックスの席で。

少し前までTempalayのリハをチラ見。もう、聴き過ぎて

うわあーテンパレイの人がいるー!

f:id:hoshinominimal:20170524120015j:plain

みたいな感覚。うっすーよろしくっすー!みたいに全然行けなかった。

 

年齢とか全然知らないし(多分同じかちょっと下)自分も同じアーティストではあるけど、そーいうのは本当にどーでも良くて、かっこいいから大騒ぎしてるだけ。

日々SNSとか見てたりして、アーティストって他のアーティストのこと全然言わないよなーと感じてる。

いつまでもリスナーでいたいし、ヤバイの見つけたら人に教えたいんだけどな、おれは。

 

今日ライブめちゃ楽しみだなー!

あとちゃんとメンバー全員と話せるかなー話してえー!みたいな気持ち。

いつでもフレッシュな気持ち!最高!

 

※ライブが終わったら、追記します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

※ライブが終わったので、追記します!

 

まず、

やっぱりTempalayは最高だった。

昨日のイベントはCRCK/LCKS、DALLJUB STEP CLUB、Tempalayの順で3マン。

ブログを書いて会場のMARZに戻って、ライブ前にブログを更新したことをツイート。

会場にいた色んな人にあんた何やってんだ(笑)

と言われた。自分でもよくわかんない。目的はない!

 

で、念願のライブ。

f:id:hoshinominimal:20170524120840j:plain

f:id:hoshinominimal:20170524120902j:plain

最高だった。

最高っていうか、「このアーティストはライブだ!」という感じの最高ってより、

Tempalayが目の前で演奏してるー!

みたいな、今日という日が最高みたいな気持ち。

聴き狂った曲たちを本人が目の前でやってるのが本当嬉しい。奇跡。

RAGE AGAINST THE MACHINEとかTHE MARS VOLTAを初めて生で観た時のような感動が蘇った。うわーー実在してたんだー!感。

外タレは観れるチャンスが限られてるし、日本人のアーティストは気になったらわりとすぐに観れる。

けど、Tempalayはどハマりしたくらいでこの日共演することが決まってたから、その日までライブ行くのは我慢していた。

めちゃチェックしてたから何本か行けた日もあったんだ(ファン)

 

ライブの内容は期待通りだった。

まず、曲を聴き過ぎた自分が悪いんだけど、

あの曲やあの曲やあの曲は今日やらないのか!て気持ちが半端ない(寂)

 

やっぱり完全に綾斗くんに目が行くね。歌もギターも超いい。

いわゆるバンドのボーカルが弾くにしてはギターが圧倒的に上手い。

あとみんなの佇まいがいいっていうか、アーティストだった。

竹内くんのベースすごいいい。安心。フレーズ実は細かい。

夏樹くんのドラムはフレーズがいい。MCがすごい(広義)

サポートとはいえ完全に重要な部分を担ってるエイミー。

 

ギターの弦が切れたりで時間が止まる瞬間もあって、

最悪だったと綾斗くんは言ってたけど、そんなの本当にどーでもよくて。

全然良かった。現場感。

けど、もっともっとライブヤバくなると思う。

もともとライブに興味がなかったって色んなインタビューに書いてあるし、ライブすること自体の優先順位がそんなに高くないのかな。

けど需要的にそんな訳にもいかないだろう!

Tempalayの今のライブを観れてる人はラッキーだと思う。生具合が最高。

その辺含めてリアルで良かった。完成しきってないモノの方がかっこいい。

 

で、終演後だ。ココ重要。

まだメンバーとちゃんと話せてない。

 

結果、

めちゃくちゃいいやつらだった(泣)

f:id:hoshinominimal:20170524123440j:plain

を彷彿とさせる......めちゃぐちゃ!!!いいやづらだっだ...!!!

 

そしてこのブログをみんな読んでくれてたみたいで、嬉し恥ずかし。

テンパレ出会えてよかった~ うれし恥ずかしOh my heart ♪(藤井隆

そのまま打ち上げへ。

 

小原 綾斗(オハラ・リョート/ Gt&Vo)

→完全に最高。ほっしゃん-綾斗と呼び合うまでにほぼ時間は必要なかった。

→年末に「謎のキメみたいのがある曲がかっこ良かった!」と言われたこと自体覚えてないって(最高)

 

竹内 祐也(タケウチ・ユウヤ / Ba)

→まさかの高校の先輩だった(発覚した瞬間から敬語(やめろと言われる))

→機材運搬のため帰っちゃった分、地元帰った瞬間飲み誘お。

 

藤本 夏樹(フジモト・ナツキ / Dr)

 

f:id:hoshinominimal:20170524124327j:plain

→なぜかおれを超いじってくる(最高)

完全に握られている(経緯不明)

 

ライブのサポートメンバーのAmy (エイミー / Cho&Syn)

→めちゃ美女(重要)明るくていい子

→帰っちゃったみたいなので後日セッティングしてもらう必要あり(すぎちゃん頼む)

 

という感じ!

f:id:hoshinominimal:20170524123803j:plain

最高!極まったね。感が。

 

で、Tempalayに金を使わせてくれと言ったら爆笑された。

f:id:hoshinominimal:20170524124759j:plain

サンプルをいただく。極まったね。感が。

今度Tシャツ買お!

 

ということでブログを締めます!

ドミコひかるくんと綾斗と飲むなこりゃあ近日中に。

 

Tempalayの今後はコレ

完全に売れちゃうね!

Tempalay最高!

 

最近気になってる2017-03

Black Ghost(feat.Gaika) / Darkstar

隙間感やばい。GAIKAも気になるのか。チェック。

 

A Life With Clarinet / Gonno

生きてて良かった!となぜか思える。

Gonnoさんの「明らかなキラーチューン」が本当に刺さる。

この曲もあわせてチェック。

 

INN TOKYO

たぶん超センス良い人がやってる。

 

マッターホーンのモカソフト

おみゆさんが投稿するってことは鉄板。

今年もこの季節がキタ!

昨シーズン終了間際に食ったきり。楽しみ。

 

清野菜名

え、神?

 

APOLLO TWIN MKII SOLO / UNIVERSAL AUDIO

オーディオインターフェース界の雄はコレだと思う。

ちょうどPCから音出す系重要ミッションが入ったので、行くしかないか。

 

Haramia Tapes

アーティスト情報が全く出て来ない!

このくらいの音の情報量がすごく好きな最近。

ジャンルは違えどActressの新譜もそんな雰囲気。

Apple Musicがなぜ最高なのか

Apple Musicが最高。
 
何が最高かを事細かに書きたいんだけど、全要素何もかも最高過ぎてとりあえず登録してみればわかるから3ヶ月無料でやってみてくれ!頼む!という気持ち。
 
Apple Music(以下🍎)がどういうサービスなのか、もはやここで書く意味はほぼないと思うけど個人的な解釈を。
 
ざっと書くと🍎は、世界中のアーティストの曲がめちゃ聴ける。そりゃあもう聴ける。
何か調べたいことがあったら(「渋谷 グルメ 名店 意外と少ない」とか)検索バーに単語を打ち込む(通称ググる)よね。
その要領でアーティスト名を打てば即、はいコレがアルバムです。コレが新譜です。はい推し曲はコレです。はい関連アーティストはコレです。
などと出まくる。🍎に登録されてる音楽なら出る。
それをクリックすれば即、曲を聴ける。アルバムはたいていフル。
発売前に先行で数曲聴けるとかもある。
聴ける。基本はただそれだけ。
 
あとは付加機能がたくさん。
ブックマーク的なもの、オフラインでも聴けるようにする、あなたきっとコレ好きですよ的なオススメ(そのオススメが実に色んな角度から来る)、新作一覧、ランキング、世界中のラジオ、「ベストオブ1980年代ラップ」とか「OPNが影響された音楽」とか様々なプレイリスト、ざっとそんな感じかな。
で、最初にも書いたけど最初の3ヶ月は無料。
以降は月980円。1年分一括決済すればややお得。
 
自分はサービスが始まってけっこう経ってから(2017/01月)導入したんだけど、
そーいう「いったん様子見なスタンス」で生きてたことを心から悔やんでる。
 
そのどこが最高なのか。
 
今がわかる
とにかくどんどん新しい音楽が出て来るから楽しい。
ああーいいなーイケてるなーそりゃあみんなSuchmos好きになるわ。とか。

Arca全編歌っちゃったーはんぱねーなんか怖えーやべー。とか。

あと、興味で聴いてるだけなのに、続けてるとだんだんシーンやトレンドが見えてくるっていうのも、音楽を作る側からしたらお得。

 
友達と音楽の話が出来るようになった
みんな話題にしてるけど、自分はなんとなく知らないし、ふわっと聴いた感じそんなだし、まあいっかー。
みたいなアーティストのことをちゃんと知れる。なんせ大半の曲がフルで聴けるから。
個人的にはKOHH

Anderson .Paak

なんかがそう。

どっちもすげーカッコ良かった。ラッキー。
今まではそれをするためにはアルバムを買うか借りるか配信などでデータを手に入れる必要があった。
速度が段違い。🍎導入のおかげで音楽へのスピード感が一気に上がる。
「◯◯の新作チェックした?ヤバいよねー!」みたいな話って、
よく考えたら音楽においては今までほとんどしたことなかったかも。
新作をすぐ聴いて感想まで言うためには、それなりに金と時間がかかる。
しかも趣味は人それぞれ。
ましてやコアめな音楽が好きだから、話題を共有出来る人の絶対数が少ないし。
それが今この状況。ちょっと聴いてみよっかなが圧倒的気軽さで出来ちゃう、と。これは凄い。
しかもそのタイミングがみんな同じってのがまたいい。
「昨日のみなさんのおかげ、観た!!?!?」みたいなあの感じ。
純粋に楽しい。音楽を聴く探すのが楽しくなる。
 
作品を通しで聴ける
自分がややアングラ気質というか捻くれた性格だってことはとっくに自覚してる。
だからか、アルバムを聴いて一番好きと感じる曲が中盤以降にあるパターンが多い。
けど、アーティストやレーベルがYouTubeSoundCloudにアップロードする曲はいわゆる推し曲。アルバムだと2-4曲目らへん。
今までは「◯◯てどんな感じなのかな」と思ってYouTubeSoundCloud調べて、出て来る曲が自分にフィットしたらいいアーティストだな!て思っちゃう。
それならいいんだけど逆だった場合、ああこういう感じね、で終わるし多分そのアーティストが次に曲を発表してもチェックしない。
が、フルで聴けるとちゃんとわかる。自分が好きかどうかちゃんと判断出来る。
で、個人的には中盤以降の雰囲気がどうしても好きなので、
ああこのアーティストってこんなに良かったんだなと感じることがすごく増えた。
これはただ単に曲をたくさん聴けてラッキーとか、そういう次元の話じゃあない。
好きな曲が見つかると、良いなこの人ってイメージになるから他の曲も前向きな気持ちで聴ける。
とだんだん全体を好きになる。どういう気持ちで物事に向き合うかって超重超。好きな人が好きなモノって好きになりやすい。
で、好きだと思うアーティストが増える可能性がぐっと上がる。
基本パンチ系よりスルメ系アーティストのが好きだし結構そーいうパターンで入って最終的にどハマりするケースが多い。
 
用途がたくさんある
本当にだいたい何でも見つかるから、🍎は人によって使い方がかなり違うと思う。
新譜をチェック、旧譜を懐かしむ、🍎からのオススメを聴き続ける、など。
🍎がない頃の自分は、普段気になったアーティストをメモっておいて、
自宅で落ち着いて過ごせるタイミング(外出癖があるからそんなにない)があると
YouTubeSoundCloudやBandcampを駆使して調べまくるっていう時間を設けてた。
それが今では移動中やちょっとした待ち時間、風呂やトイレ、もう何でもありだ。
隙あらばチェック。気になってから気にならなくなるまでの時間がビビるくらい短縮された。
まずこれが個人的な用途の1つ。
音楽を即チェックするためのツール。メモる時間すら短縮出来る。
気になってからevernoteにアーティスト名を書き込んでたはずの時間で新曲の1サビまで聴ける。
 
あとは意図的に知らないジャンルに挑戦してみてる。
知らない国や地域の飯を食うのが好きで。
例えばラーメンで名店100チェーン1だったとして、90以上のレベルの店を探すのもいいけど、
知らない国の食事の60のが楽しめる。60のラーメン屋には行かないけど、
知らなかった感覚の60なら充分楽しめる。そーいう感覚。伝わりづらい感覚。
その音楽版。そのチャレンジ出来る環境のおかげで知れて好きになれたアーティストがたくさんいる。個人的には
Sampha

Trim

なんかがそう。

 
と、こんな感じ。
 
ざっと書いてもこれくらいの価値を🍎に感じてる。
月と言わず週980円でも使うかも。
🍎を使い始めてから「名前は知ってて軽く気になってるアーティスト」が激減した。
ちゃんと知れるから。
それって凄く重要で、知ったかぶりしなくなる。
「名前は知ってる」て絶対言えないワード。「知らない」とみんな(自分も含め)なぜ言えないのか。
けど、🍎だけが音楽みたいな感覚になるのも危険と思ってて、
落ち着いて作業出来る環境などがあれば従来のディグり方もしてる。
アンダーグラウンドでヤバいアーティストってたくさんいるし。
 
使い始めてある程度経った頃、いったん飽和状態になった。
「何でもあるのは何もないのと一緒」みたいな感覚。夢が叶ったその先は?状態。
個人的にその原因はダウンロードにあって。
オフラインでも聴ける状態にしておけるから、
好きなアルバムはそうしておいたんだけど、そうするとそればっかり聴いちゃう。
そうすると慣れる。と全体的な価値が下がる。
 
何事も停滞するのが一番まずいと思って生きてるので、ふと思い立ってライブラリを全部消してみた。
圏外で何も聴けないのだけは嫌だから、ceroの新しいEPとOPNのG.O.Dだけは残して。
そうした途端、楽しさ完全復活!強制的に調べることになるし。
アクションをすれば新しい展開がどんどんある。
 
あとは、調べる手間とかパケット通信料とか、聴くことに少しでも代償があった方が燃える。
ノーリスクなモノって一見最高に思えて重要なモノにはならない。
 
で、やっぱり何度も聴くってことは自分にとって大切な音楽だと思うし、
それを作った人に還元したいみたいな気持ちはあるから、音源を買おうと素直に思える。
🍎に登録されてる音楽のCDを買うって、その音楽に大して相当な納得がある。
05/23に共演する日にTempalayのアルバムをメンバーから直接買うと心に決めてる。
 

みたいな感じ。

新しいことをするのって本当に楽しいよ。

2017/17w

04/24 月
姉たかみと飯。としおかの塩は異次元の美味さ。その油そばも同じく。
そのままたかみとお茶。ついに母になるのか。めでた過ぎて泣いちゃうよ。
lakaguのカフェで長々作業。1日数分でも曲作りをしないと感覚が遠のく。
渋谷に移動してさらに作業。ベローチェのフロート最高。
下北兄さんことテツさんと打ち合わせ。
神泉の楽椿。最高。めちゃ美味くて安め。
 
04/25 火
雨のパレード康介くんと飯。
やっとのんびり話せたけど超素敵な人。
道中でベース亮ちゃんに会う。飲み行くよ?と聞くと飲み行くからダメだって。
いい街だな、高円寺。
 
04/26 水
aoubことハスと打ち合わせ。夏に一緒にイベント。
そのまま1時間くらい歩き飲み。制作が一番重要。
 
04/27 木
ギャラリー間で坂茂さんの展覧会。知的で素朴。
少し作業。色んな人とのやりとりを忘れないためにどういうツールを使えば管理しやすいか検討。
DSC撮影。そーちゃん撮影と奈美さんディレクション。良さそう。
そのまま残ったメンバーで飲み。下北沢宿場にチェックイン。
 
04/28 金
ひたすら連絡。やりとり系ミッションがあり過ぎてヤバい。逃げない。
 
04/29 土
IKEAで買い出し。どうでもいい部分はIKEAで買うのが一番いい。
けど器とか調理器具とか、日々多く触れるものはちゃんとしたのがいいなと心境の変化。
結果、大して買わず。
 
04/30 日
安に手伝ってもらって引っ越し。年始からモノを捨てまくってるおかげで荷物ほぼなし。
前日になんとなくパッケージして、30分くらいで積み込み完了。
MENSHOで昼。ここまでこだわってると笑える。美味いけど。
ブランディング100で儲け0っていう狙いが見えすぎる。
リキッドルームsora tob sakanaバンド編成特別講演。
大竹さんと照井くんのツインギター最高。
人生天地返しでお馴染み、マネージャー龍吉と庫たろとキャット飲み。
龍吉が帰って、橋本さんが来る。庫たろが帰って、JYOCHOだいじろーが来る。
新宿の福包に並ぶ。22:15ラストオーダーまでにお客さんが帰れなかったら入店出来ない状況。
結果、入店出来ないまま時間が来る。がそこまで待った自分らには納得がある。
から気持ち良く次に進める。結果いい飲み。橋本さんはだいじろーに殺される(酒)

最近気になってる2017-02

Paris death Hilton

こーいう音を出す人が現れるのを待ってたんじゃあないかな?世界は。

Ableton Liveは完全に楽器だわ。

よくよく聴いたらライブレコーディングでしょう?

アンプからフィードバックノイズ出てるよどーいうことだコレ。

 

CANDY DESIGN & WORKS

 

めちゃセンスを感じる。

長く使う系のアイテムはこーいう説得力あるけど大手ブランドじゃあないみたいなトコのがいい。

 

アイリスオーヤマのエアリーマットレス

マットレスならコレ一択な気配をビシビシ感じて買ってみた。

ネット社会のお手並み拝見。 

 

Actressの新作

今の自分に一番フィットする音の配置。音や映像の情報量も最高いい。

こりゃあヤバいわ。

 

la kagu

今更再燃中。セレクト良過ぎる。

最近気になってる2017-01

TAWINGS

音質や演奏など、突き詰めて行けば行くほど、その逆を余裕でやってる人にも憧れる。

超センスいい。

 

エッセンシャル思考

本当に大切なことなんてほとんどないから余計なことは全部やめちまえ!

みたいな考え方。ミニマリズムの先にある感じ。今の自分に完全フィット中。

 

nanoKEY Studio

MacBook(Ableton Live9)とコレがあれば出先での制作完璧なんじゃあないかと。

どうなんでしょう。

 

やげんぼり

これ絶対美味いしょ。見てるだけでむかつく。

 

ENA

ENAさん最強説。永遠の憧れ。日本の誇り。

 

DENIMSの新曲

こーいうのやりてーって久々思った。

 

Tempalayの全て

05/23に共演予定だからそこを区切りとして、何でおれはこんなにテンパレイが好きになっちゃったのか、ブログ書こうと思ってる。