読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuta Hoshi

WOZNIAK / TESTAV / DALLJUB STEP CLUB / OUTATBERO / yuta.hoshi.mail@gmail.com

[固定です]スケジュールとお問い合わせ

こちら活動スケジュールです。クリックすると詳細が出ます。

ほとんどのライブはメール予約も可能なので気軽にご連絡ください。

 

(追記完全版)なぜおれはこんなにTempalayを好きになってしまったのか

2017年Tempalay問題が勃発中なんだ。

 

2014年:宇多田ヒカル問題
2015年:ペトロールズ問題(これは2016年cero問題まで波及する)
2016年:Oneohtrix Point Never問題

に続き、

今年の大問題は今のところ完全にテンパレイ。

 

まず、Tempalayというバンドについて。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
東京・埼玉を中心に活動する
小原 綾斗(オハラ・リョート/ Gt&Vo)
竹内 祐也(タケウチ・ユウヤ / Ba)
藤本 夏樹(フジモト・ナツキ / Dr)
ライブのサポートメンバーのAmy (エイミー / Cho&Syn)
を加えた3 ピース・バンド。
結成から僅か1年にしてFUJI ROCK FESTIVAL ’15「ROOKIE A GO-GO」に出演。
西海岸やカナダの海外インディーシーンの影響を感じさせる独特の脱力したサウンドに
どこか懐かしさを感じさせるメロディーと極彩の
サイケデリック・ポップはシーンの中でも独自の存在感をはなつ。(HPより)
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

という感じのバンド。

これは新譜。

これは前作の曲のMV。

 

と、おれの◯◯問題について。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

最初にここ数年の問題一覧を書いたんだけど、

1年を通して自分の音楽観に一番衝撃を与えたアーティストのこと。

もう少し細かく言うと、そのアーティストの音楽的背景を全く知らない状態で好きになっちゃって、そのアーティストを頂点として色々辿って行くことで結果的に色んな音楽を好きになれるきっかけになっちゃったアーティスト。

 

音楽どころか何にでも「問題」になるモノがいつもあって、それによって自分の興味がどんどん進んでいった結果が今の自分を形成してるみたいなトコある。

だから凄く重要。ただ好きとかっていう次元じゃあない。

服だとSASQUATCHfabrix.

建築だと安藤忠雄さんやバウハウス

アニメーション全般は攻殻機動隊のSAC。

自分にとってのターニングポイント

になった人やモノみたいな。

それが◯◯問題。

その最前線にあるのが2017年Tempalay問題。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

もともと大きく括れば同じシーンの中にいるアーティストだし認識はしてたけど、

ざっと知ってる情報から察するに、ゆるめでサイケなシティーポップのバンド。

トロールズやceroを経たことで、

刺激的なサウンドじゃあなくても好きになれる音楽ってあるんだってことを知った。

だからTempalayも普通にいいバンドだなって気持ちではいた。

 

2016年の大晦日に彼らやドミコが主催してるパーティ

にDALLJUB STEP CLUBで呼んでもらってMARZで年越し。

 

その時初めてライブを観たんだけど、Tempalayはカウントダウンにライブだった。

結構酔っ払ってたのと、カウントダウンの演出が謎(SMAPありがとう的な映像や音が流れた気がする)で。ゆるいなーなんだこれーみたいな。

けどそのまま観てたら、なんか想像してたより全然タイトに演奏してた。

音楽的に拍が揃ってるみたいなタイトというより、かますみたいな気合いをめっちゃ感じた。音はゆるいのに。そんな印象と、何の曲か覚えてなかったんだけど、

謎のキメみたいのがある曲がかっこ良くて、あれいいじゃん!あとで話してみよ!

て気持ちになってた。

朝までのイベントで、相当ボロボロになってしまって(お酒的な意味で)

結局ほとんど話せなかったし、

謎のキメみたいのがある曲がかっこ良かった!」と綾斗くんに言ったはいいが

全く伝わってなかった。

 

そのまま2017年イン。

OTOTOYかなんかをザッピングしてたら新譜(5Kyoku)が出ると記事。

何となく聴いてみる。1曲目のNew York City。

あれ、こないだのライブよりだいぶシュッとしててクールだなあという印象。

 

で、2曲目のAustin Townで驚愕。

ずっとズレてる感じがする!

 

サビの歌とベースが!何この曲!フェイザーずっとかかってる!

違和感がすごい!けどなんか成立してる感じもする!いやあ!聴いちゃう!

 

みたいな。これは自分が辿ってきた音楽と全く違うルートでここまで来た人が作ってる音楽だと直感で。これは知らないおれが悪いんだ。という圧倒的な感じ。

 

この衝撃は今までの諸問題にもあった。

こうなるとおれは終わり。

 

過去の作品全部聴く。カッコイイ。

YouTubeSNSを一通りチェック。ハマる。

インタビューなども記事チェック。ヤバイ。

色んなの読んだけど、このインタビューが一番良かった。

 

あと年越しのライブで印象に残ってたフレーズの曲もわかった。

この3:14らへん。最高。この間。

 

それからと言うもの、Tempalayを聴き続ける日々。

3月くらいだったかな。ドミコのひかるくんと飲んだときにこの件を熱弁してしまったり。

いやー、まじヤバイよねーテンパレイ。ムカつくよなーつって2人で。

 

そんなタイミングで05/23にMARZで共演することが決まった(と思う、時期よく覚えてない)んだけど、嬉しいっていうか、もうこっちはただのファンになっちゃってるから、こんな早く共演出来なくてもいい!みたいな感情。なにそれ。

 

↑彼らが影響を受けたアーティスト、もっといるんだろうけどネットにあがってる記事などで調べた感じ、この辺なのかなと。

聴いた聴いた。理解したくて。

当然、全部ほぼ知らなかった。そして全部凄くかっこいい。

こーやって自分が作る音楽とか、好きなモノがちょっとずつ変わっていく感覚。

これが自分にとっての◯◯問題。めちゃポジティブな大問題。

けど、この辺のアーティストだいたい聴いたけど、

やっぱりTempalayが最強。

曲がまじでいい。全てが絶妙。佇まいがリアル。

広い意味でシティーポップ現代解釈な空気感のアーティストってたくさんいるし、

その中にはいつのまにか大型フェス常連になってるアーティストもいる。その辺のアーティストだいたいおれも好きっていうか普通にいいよねって思うけど、それらのどのアーティストよりもTempalayがかっこいい。センスが圧倒的に飛び抜けてる。

 

で、このブログを書いているのが05/23ライブ当日。

DSCのリハが終わって、オープンまでの間。

西武新宿駅改札を見渡せるスターバックスの席で。

少し前までTempalayのリハをチラ見。もう、聴き過ぎて

うわあーテンパレイの人がいるー!

f:id:hoshinominimal:20170524120015j:plain

みたいな感覚。うっすーよろしくっすー!みたいに全然行けなかった。

 

年齢とか全然知らないし(多分同じかちょっと下)自分も同じアーティストではあるけど、そーいうのは本当にどーでも良くて、かっこいいから大騒ぎしてるだけ。

日々SNSとか見てたりして、アーティストって他のアーティストのこと全然言わないよなーと感じてる。

いつまでもリスナーでいたいし、ヤバイの見つけたら人に教えたいんだけどな、おれは。

 

今日ライブめちゃ楽しみだなー!

あとちゃんとメンバー全員と話せるかなー話してえー!みたいな気持ち。

いつでもフレッシュな気持ち!最高!

 

※ライブが終わったら、追記します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

※ライブが終わったので、追記します!

 

まず、

やっぱりTempalayは最高だった。

昨日のイベントはCRCK/LCKS、DALLJUB STEP CLUB、Tempalayの順で3マン。

ブログを書いて会場のMARZに戻って、ライブ前にブログを更新したことをツイート。

会場にいた色んな人にあんた何やってんだ(笑)

と言われた。自分でもよくわかんない。目的はない!

 

で、念願のライブ。

f:id:hoshinominimal:20170524120840j:plain

f:id:hoshinominimal:20170524120902j:plain

最高だった。

最高っていうか、「このアーティストはライブだ!」という感じの最高ってより、

Tempalayが目の前で演奏してるー!

みたいな、今日という日が最高みたいな気持ち。

聴き狂った曲たちを本人が目の前でやってるのが本当嬉しい。奇跡。

RAGE AGAINST THE MACHINEとかTHE MARS VOLTAを初めて生で観た時のような感動が蘇った。うわーー実在してたんだー!感。

外タレは観れるチャンスが限られてるし、日本人のアーティストは気になったらわりとすぐに観れる。

けど、Tempalayはどハマりしたくらいでこの日共演することが決まってたから、その日までライブ行くのは我慢していた。

めちゃチェックしてたから何本か行けた日もあったんだ(ファン)

 

ライブの内容は期待通りだった。

まず、曲を聴き過ぎた自分が悪いんだけど、

あの曲やあの曲やあの曲は今日やらないのか!て気持ちが半端ない(寂)

 

やっぱり完全に綾斗くんに目が行くね。歌もギターも超いい。

いわゆるバンドのボーカルが弾くにしてはギターが圧倒的に上手い。

あとみんなの佇まいがいいっていうか、アーティストだった。

竹内くんのベースすごいいい。安心。フレーズ実は細かい。

夏樹くんのドラムはフレーズがいい。MCがすごい(広義)

サポートとはいえ完全に重要な部分を担ってるエイミー。

 

ギターの弦が切れたりで時間が止まる瞬間もあって、

最悪だったと綾斗くんは言ってたけど、そんなの本当にどーでもよくて。

全然良かった。現場感。

けど、もっともっとライブヤバくなると思う。

もともとライブに興味がなかったって色んなインタビューに書いてあるし、ライブすること自体の優先順位がそんなに高くないのかな。

けど需要的にそんな訳にもいかないだろう!

Tempalayの今のライブを観れてる人はラッキーだと思う。生具合が最高。

その辺含めてリアルで良かった。完成しきってないモノの方がかっこいい。

 

で、終演後だ。ココ重要。

まだメンバーとちゃんと話せてない。

 

結果、

めちゃくちゃいいやつらだった(泣)

f:id:hoshinominimal:20170524123440j:plain

を彷彿とさせる......めちゃぐちゃ!!!いいやづらだっだ...!!!

 

そしてこのブログをみんな読んでくれてたみたいで、嬉し恥ずかし。

テンパレ出会えてよかった~ うれし恥ずかしOh my heart ♪(藤井隆

そのまま打ち上げへ。

 

小原 綾斗(オハラ・リョート/ Gt&Vo)

→完全に最高。ほっしゃん-綾斗と呼び合うまでにほぼ時間は必要なかった。

→年末に「謎のキメみたいのがある曲がかっこ良かった!」と言われたこと自体覚えてないって(最高)

 

竹内 祐也(タケウチ・ユウヤ / Ba)

→まさかの高校の先輩だった(発覚した瞬間から敬語(やめろと言われる))

→機材運搬のため帰っちゃった分、地元帰った瞬間飲み誘お。

 

藤本 夏樹(フジモト・ナツキ / Dr)

 

f:id:hoshinominimal:20170524124327j:plain

→なぜかおれを超いじってくる(最高)

完全に握られている(経緯不明)

 

ライブのサポートメンバーのAmy (エイミー / Cho&Syn)

→めちゃ美女(重要)明るくていい子

→帰っちゃったみたいなので後日セッティングしてもらう必要あり(すぎちゃん頼む)

 

という感じ!

f:id:hoshinominimal:20170524123803j:plain

最高!極まったね。感が。

 

で、Tempalayに金を使わせてくれと言ったら爆笑された。

f:id:hoshinominimal:20170524124759j:plain

サンプルをいただく。極まったね。感が。

今度Tシャツ買お!

 

ということでブログを締めます!

ドミコひかるくんと綾斗と飲むなこりゃあ近日中に。

 

Tempalayの今後はコレ

完全に売れちゃうね!

Tempalay最高!

 

最近気になってる2017-03

Black Ghost(feat.Gaika) / Darkstar

隙間感やばい。GAIKAも気になるのか。チェック。

 

A Life With Clarinet / Gonno

生きてて良かった!となぜか思える。

Gonnoさんの「明らかなキラーチューン」が本当に刺さる。

この曲もあわせてチェック。

 

INN TOKYO

たぶん超センス良い人がやってる。

 

マッターホーンのモカソフト

おみゆさんが投稿するってことは鉄板。

今年もこの季節がキタ!

昨シーズン終了間際に食ったきり。楽しみ。

 

清野菜名

え、神?

 

APOLLO TWIN MKII SOLO / UNIVERSAL AUDIO

オーディオインターフェース界の雄はコレだと思う。

ちょうどPCから音出す系重要ミッションが入ったので、行くしかないか。

 

Haramia Tapes

アーティスト情報が全く出て来ない!

このくらいの音の情報量がすごく好きな最近。

ジャンルは違えどActressの新譜もそんな雰囲気。

Apple Musicがなぜ最高なのか

Apple Musicが最高。
 
何が最高かを事細かに書きたいんだけど、全要素何もかも最高過ぎてとりあえず登録してみればわかるから3ヶ月無料でやってみてくれ!頼む!という気持ち。
 
Apple Music(以下🍎)がどういうサービスなのか、もはやここで書く意味はほぼないと思うけど個人的な解釈を。
 
ざっと書くと🍎は、世界中のアーティストの曲がめちゃ聴ける。そりゃあもう聴ける。
何か調べたいことがあったら(「渋谷 グルメ 名店 意外と少ない」とか)検索バーに単語を打ち込む(通称ググる)よね。
その要領でアーティスト名を打てば即、はいコレがアルバムです。コレが新譜です。はい推し曲はコレです。はい関連アーティストはコレです。
などと出まくる。🍎に登録されてる音楽なら出る。
それをクリックすれば即、曲を聴ける。アルバムはたいていフル。
発売前に先行で数曲聴けるとかもある。
聴ける。基本はただそれだけ。
 
あとは付加機能がたくさん。
ブックマーク的なもの、オフラインでも聴けるようにする、あなたきっとコレ好きですよ的なオススメ(そのオススメが実に色んな角度から来る)、新作一覧、ランキング、世界中のラジオ、「ベストオブ1980年代ラップ」とか「OPNが影響された音楽」とか様々なプレイリスト、ざっとそんな感じかな。
で、最初にも書いたけど最初の3ヶ月は無料。
以降は月980円。1年分一括決済すればややお得。
 
自分はサービスが始まってけっこう経ってから(2017/01月)導入したんだけど、
そーいう「いったん様子見なスタンス」で生きてたことを心から悔やんでる。
 
そのどこが最高なのか。
 
今がわかる
とにかくどんどん新しい音楽が出て来るから楽しい。
ああーいいなーイケてるなーそりゃあみんなSuchmos好きになるわ。とか。

Arca全編歌っちゃったーはんぱねーなんか怖えーやべー。とか。

あと、興味で聴いてるだけなのに、続けてるとだんだんシーンやトレンドが見えてくるっていうのも、音楽を作る側からしたらお得。

 
友達と音楽の話が出来るようになった
みんな話題にしてるけど、自分はなんとなく知らないし、ふわっと聴いた感じそんなだし、まあいっかー。
みたいなアーティストのことをちゃんと知れる。なんせ大半の曲がフルで聴けるから。
個人的にはKOHH

Anderson .Paak

なんかがそう。

どっちもすげーカッコ良かった。ラッキー。
今まではそれをするためにはアルバムを買うか借りるか配信などでデータを手に入れる必要があった。
速度が段違い。🍎導入のおかげで音楽へのスピード感が一気に上がる。
「◯◯の新作チェックした?ヤバいよねー!」みたいな話って、
よく考えたら音楽においては今までほとんどしたことなかったかも。
新作をすぐ聴いて感想まで言うためには、それなりに金と時間がかかる。
しかも趣味は人それぞれ。
ましてやコアめな音楽が好きだから、話題を共有出来る人の絶対数が少ないし。
それが今この状況。ちょっと聴いてみよっかなが圧倒的気軽さで出来ちゃう、と。これは凄い。
しかもそのタイミングがみんな同じってのがまたいい。
「昨日のみなさんのおかげ、観た!!?!?」みたいなあの感じ。
純粋に楽しい。音楽を聴く探すのが楽しくなる。
 
作品を通しで聴ける
自分がややアングラ気質というか捻くれた性格だってことはとっくに自覚してる。
だからか、アルバムを聴いて一番好きと感じる曲が中盤以降にあるパターンが多い。
けど、アーティストやレーベルがYouTubeSoundCloudにアップロードする曲はいわゆる推し曲。アルバムだと2-4曲目らへん。
今までは「◯◯てどんな感じなのかな」と思ってYouTubeSoundCloud調べて、出て来る曲が自分にフィットしたらいいアーティストだな!て思っちゃう。
それならいいんだけど逆だった場合、ああこういう感じね、で終わるし多分そのアーティストが次に曲を発表してもチェックしない。
が、フルで聴けるとちゃんとわかる。自分が好きかどうかちゃんと判断出来る。
で、個人的には中盤以降の雰囲気がどうしても好きなので、
ああこのアーティストってこんなに良かったんだなと感じることがすごく増えた。
これはただ単に曲をたくさん聴けてラッキーとか、そういう次元の話じゃあない。
好きな曲が見つかると、良いなこの人ってイメージになるから他の曲も前向きな気持ちで聴ける。
とだんだん全体を好きになる。どういう気持ちで物事に向き合うかって超重超。好きな人が好きなモノって好きになりやすい。
で、好きだと思うアーティストが増える可能性がぐっと上がる。
基本パンチ系よりスルメ系アーティストのが好きだし結構そーいうパターンで入って最終的にどハマりするケースが多い。
 
用途がたくさんある
本当にだいたい何でも見つかるから、🍎は人によって使い方がかなり違うと思う。
新譜をチェック、旧譜を懐かしむ、🍎からのオススメを聴き続ける、など。
🍎がない頃の自分は、普段気になったアーティストをメモっておいて、
自宅で落ち着いて過ごせるタイミング(外出癖があるからそんなにない)があると
YouTubeSoundCloudやBandcampを駆使して調べまくるっていう時間を設けてた。
それが今では移動中やちょっとした待ち時間、風呂やトイレ、もう何でもありだ。
隙あらばチェック。気になってから気にならなくなるまでの時間がビビるくらい短縮された。
まずこれが個人的な用途の1つ。
音楽を即チェックするためのツール。メモる時間すら短縮出来る。
気になってからevernoteにアーティスト名を書き込んでたはずの時間で新曲の1サビまで聴ける。
 
あとは意図的に知らないジャンルに挑戦してみてる。
知らない国や地域の飯を食うのが好きで。
例えばラーメンで名店100チェーン1だったとして、90以上のレベルの店を探すのもいいけど、
知らない国の食事の60のが楽しめる。60のラーメン屋には行かないけど、
知らなかった感覚の60なら充分楽しめる。そーいう感覚。伝わりづらい感覚。
その音楽版。そのチャレンジ出来る環境のおかげで知れて好きになれたアーティストがたくさんいる。個人的には
Sampha

Trim

なんかがそう。

 
と、こんな感じ。
 
ざっと書いてもこれくらいの価値を🍎に感じてる。
月と言わず週980円でも使うかも。
🍎を使い始めてから「名前は知ってて軽く気になってるアーティスト」が激減した。
ちゃんと知れるから。
それって凄く重要で、知ったかぶりしなくなる。
「名前は知ってる」て絶対言えないワード。「知らない」とみんな(自分も含め)なぜ言えないのか。
けど、🍎だけが音楽みたいな感覚になるのも危険と思ってて、
落ち着いて作業出来る環境などがあれば従来のディグり方もしてる。
アンダーグラウンドでヤバいアーティストってたくさんいるし。
 
使い始めてある程度経った頃、いったん飽和状態になった。
「何でもあるのは何もないのと一緒」みたいな感覚。夢が叶ったその先は?状態。
個人的にその原因はダウンロードにあって。
オフラインでも聴ける状態にしておけるから、
好きなアルバムはそうしておいたんだけど、そうするとそればっかり聴いちゃう。
そうすると慣れる。と全体的な価値が下がる。
 
何事も停滞するのが一番まずいと思って生きてるので、ふと思い立ってライブラリを全部消してみた。
圏外で何も聴けないのだけは嫌だから、ceroの新しいEPとOPNのG.O.Dだけは残して。
そうした途端、楽しさ完全復活!強制的に調べることになるし。
アクションをすれば新しい展開がどんどんある。
 
あとは、調べる手間とかパケット通信料とか、聴くことに少しでも代償があった方が燃える。
ノーリスクなモノって一見最高に思えて重要なモノにはならない。
 
で、やっぱり何度も聴くってことは自分にとって大切な音楽だと思うし、
それを作った人に還元したいみたいな気持ちはあるから、音源を買おうと素直に思える。
🍎に登録されてる音楽のCDを買うって、その音楽に大して相当な納得がある。
05/23に共演する日にTempalayのアルバムをメンバーから直接買うと心に決めてる。
 

みたいな感じ。

新しいことをするのって本当に楽しいよ。

2017/17w

04/24 月
姉たかみと飯。としおかの塩は異次元の美味さ。その油そばも同じく。
そのままたかみとお茶。ついに母になるのか。めでた過ぎて泣いちゃうよ。
lakaguのカフェで長々作業。1日数分でも曲作りをしないと感覚が遠のく。
渋谷に移動してさらに作業。ベローチェのフロート最高。
下北兄さんことテツさんと打ち合わせ。
神泉の楽椿。最高。めちゃ美味くて安め。
 
04/25 火
雨のパレード康介くんと飯。
やっとのんびり話せたけど超素敵な人。
道中でベース亮ちゃんに会う。飲み行くよ?と聞くと飲み行くからダメだって。
いい街だな、高円寺。
 
04/26 水
aoubことハスと打ち合わせ。夏に一緒にイベント。
そのまま1時間くらい歩き飲み。制作が一番重要。
 
04/27 木
ギャラリー間で坂茂さんの展覧会。知的で素朴。
少し作業。色んな人とのやりとりを忘れないためにどういうツールを使えば管理しやすいか検討。
DSC撮影。そーちゃん撮影と奈美さんディレクション。良さそう。
そのまま残ったメンバーで飲み。下北沢宿場にチェックイン。
 
04/28 金
ひたすら連絡。やりとり系ミッションがあり過ぎてヤバい。逃げない。
 
04/29 土
IKEAで買い出し。どうでもいい部分はIKEAで買うのが一番いい。
けど器とか調理器具とか、日々多く触れるものはちゃんとしたのがいいなと心境の変化。
結果、大して買わず。
 
04/30 日
安に手伝ってもらって引っ越し。年始からモノを捨てまくってるおかげで荷物ほぼなし。
前日になんとなくパッケージして、30分くらいで積み込み完了。
MENSHOで昼。ここまでこだわってると笑える。美味いけど。
ブランディング100で儲け0っていう狙いが見えすぎる。
リキッドルームsora tob sakanaバンド編成特別講演。
大竹さんと照井くんのツインギター最高。
人生天地返しでお馴染み、マネージャー龍吉と庫たろとキャット飲み。
龍吉が帰って、橋本さんが来る。庫たろが帰って、JYOCHOだいじろーが来る。
新宿の福包に並ぶ。22:15ラストオーダーまでにお客さんが帰れなかったら入店出来ない状況。
結果、入店出来ないまま時間が来る。がそこまで待った自分らには納得がある。
から気持ち良く次に進める。結果いい飲み。橋本さんはだいじろーに殺される(酒)

最近気になってる2017-02

Paris death Hilton

こーいう音を出す人が現れるのを待ってたんじゃあないかな?世界は。

Ableton Liveは完全に楽器だわ。

よくよく聴いたらライブレコーディングでしょう?

アンプからフィードバックノイズ出てるよどーいうことだコレ。

 

CANDY DESIGN & WORKS

 

めちゃセンスを感じる。

長く使う系のアイテムはこーいう説得力あるけど大手ブランドじゃあないみたいなトコのがいい。

 

アイリスオーヤマのエアリーマットレス

マットレスならコレ一択な気配をビシビシ感じて買ってみた。

ネット社会のお手並み拝見。 

 

Actressの新作

今の自分に一番フィットする音の配置。音や映像の情報量も最高いい。

こりゃあヤバいわ。

 

la kagu

今更再燃中。セレクト良過ぎる。

最近気になってる2017-01

TAWINGS

音質や演奏など、突き詰めて行けば行くほど、その逆を余裕でやってる人にも憧れる。

超センスいい。

 

エッセンシャル思考

本当に大切なことなんてほとんどないから余計なことは全部やめちまえ!

みたいな考え方。ミニマリズムの先にある感じ。今の自分に完全フィット中。

 

nanoKEY Studio

MacBook(Ableton Live9)とコレがあれば出先での制作完璧なんじゃあないかと。

どうなんでしょう。

 

やげんぼり

これ絶対美味いしょ。見てるだけでむかつく。

 

ENA

ENAさん最強説。永遠の憧れ。日本の誇り。

 

DENIMSの新曲

こーいうのやりてーって久々思った。

 

Tempalayの全て

05/23に共演予定だからそこを区切りとして、何でおれはこんなにテンパレイが好きになっちゃったのか、ブログ書こうと思ってる。