ほしブログ

WOZNIAK / DALLJUB STEP CLUB / OUTATBERO / yuta.hoshi.mail@gmail.com

shunhasimo WOZNIAK初ワンマンへ⑤

私星優太、ソロプロジェクトWOZNIAK (読み方ヲズニャック) をやってまして、2019年3月20日に初のワンマンライブを開催します!

このブログではワンマンに向けてのアレコレを書いてます。シリーズ5回目の今回からはいよいよ出演者の紹介です。どんどん行きます。全員最高なんで、知ってもらいたいです!

--------------------------------------------------

shunhasimo (橋本さん)

今や配線管理職としての地位を欲しいままにしてるおれたちの青こと橋本さんです。WOZNIAKがソロになってから6年くらいだけど、全ライブに出てくれてる唯一のひとです。もともと知り合った時にやってたバンドfree ride managementを聴いてみてください。今聴いてもヤバすぎる。

と前回の③で書きましたが、完璧な紹介文すぎてこれ以上書くことがありませ、あいやなんでもないです。

--------------------------------------------------

橋本さんは私がWOZNIAKとして活動してく上での最重要人物です。それはもう議論の余地もなく。WOZNIAKって最初は2人組なんですけど、結成から3本目くらいのライブかな?くらいで橋本さんと出会ってます。橋本さんがやってたfree ride managementってバンドも2人組で、そーいう括りでブッキングしてもらって知り合って、もうめちゃくちゃ格好良くて結構変わったひと感もあって。

 

コレコレ!ヤッベー!!!!!

この4曲が収録されてるCD (ジャケもあるしプレスされてる) を確か当時フリーで配布してて、いや売ればいいのにって1000回くらい思ったし、それを何枚ももらって色んなひとに渡してた気がします当時の私。

今でいうサブスクリプションへの配信でリリースって感じなんでしょうか。それを10年くらい前にやってたって。リアルアンダーグラウンドって感じがして超クールです。なんせ音楽がクソヤバイっていう。

free ride managementと何度も共演して仲良くなって公私共に超お世話になってくなかでWOZNIAKがソロになって。ソロだけどバンド編成で活動したくて、その瞬間に橋本さんにギターを弾いてもらいたいなあだけは私の中で勝手に確定してました。私のギターヒーローは橋本さんとキダモティフォです。橋本さんだけはWOZNIAKの全ライブにいます。こんな嬉しいこと、ないです。

マイクの位置、高すぎません?

f:id:hoshinominimal:20190307181648j:plain

シンバルの位置、高すぎません?

--------------------------------------------------

近年はエフェクターやケーブルを自作するようになって、それもあってより一層音楽に突入してる印象です。しかもなんつーか、年々橋本さん、ギターが上手くなってます  (これは気のせいではない) もともとギターうめえー!みたいなイメージを持ってたんだけど、それを超えて来てる感じです。本人曰く今が一番ギターの練習をしてるかもとのことで。ギターの練習をしまくってる大人、ヤバすぎる。

"Voice" と "VICTIM" のMVを撮ってくれた矢野さんは橋本さんのギターをライブハウスで観てマスタリングされた音が出てるって言ってました。わかる。そーいう話をした訳じゃあないので真相はわからないけど、ここ数年で橋本さんは覚醒したように思ってます。

そして密林期の終盤頃に橋本さんに言われたWOZNIAKはもっと星くんの好き勝手に活動した方がいいっていう言葉、これです。今のWOZNIAKの活動の感じはこの言葉がきっかけです。命の恩人です。

--------------------------------------------------

WOZNIAKって最初は全楽器のレコーディングも私自身がやるみたいなコンセプトがあったんだけど、曲を打ち込みで作れるようになってくにつれ、私の演奏技術と音楽を切り離したくなって来て。決定打はOPNにです。

ギター (とか管楽器系などの生楽器) の音を打ち込んでたりして、そういう音として出してるのって手法含めてクールだなと思って。

そういう色んなものに影響されながらこれ私は弾けないの当然として実際に弾けるひとっているのかなー?まあいっか!みたいな気持ちでWOZNIAKの曲を作るようになります。音楽がかっこいいんだから仕方ないよねみたいな気持ちで。それを橋本さんに送ると、いやこれは〇〇で〇〇だから〇〇だよ、星くん。って言われたりするんだけど、結果弾けてしまうという。

再現可能かどうかを一切考えずに曲を作ってるから「左右合わせて指が10本しかない人体」「6弦のギター」としてコレは不可能というフレーズがたまーに出現するんだけど、橋本さんと話しながら「コレならイケる」ってところまで変えていくと、結果変える前よりフレーズが良くなってる不思議。省いた音は結局必要なかったっていう。

めちゃ練習してくれてるんだと思います。けど音として聴くとかなりスムーズなフレーズが多いから、その努力が全然伝わらないっていう罠!

その最たるものがこの曲です。後半のバキバキしたフレーズに気をとられがちだけど、途中で来る超エモーショナルなクリーンギターのフレーズとか、難易度鬼らしいです。知らんけど (どーーーん) ワンマンでは橋本さんが弾きまくってるフレーズにも注目してみてください。実はすごいこと、やってます。それに気づいてるギターキッズが結構増えてます。

--------------------------------------------------

2019/3/20(水) 新宿MARZ

WOZNIAK First Oneman Live “MAGNE"

出演 WOZNIAK

照明 佐藤円

音響 Full Wiring by Oyaide

OPEN/18:30 START/19:30

ADV/¥3000 DOOR/¥3500 (+1D)

全国のギターキッズよ!集えッッッ!